天気の子を公開初日に見てきた!!【映画ネタバレ】




天気の子を公開初日に見てきた!!

2019年7月19日から天気の子が

上映されました。

 

新海誠監督の最新作となる天気の子を

上映日に見てきたので、さっそくの映画ネタバレです。

 

それでは、スタートです!!

 

天気の子のストーリーと感想

さて、天気の子のストーリーを見てみましょう!

 

天気の子のストーリー

大まかなストーリは、公式ホームページから

引用してみます。

「あの光の中に、行ってみたかった」
高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。
しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、
怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。
彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。
そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。
ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。
彼女には、不思議な能力があった。

 

主なストーりーは、帆高という高校生が家出して、

東京に来て、怪しげなバイトをしていたら、

陽菜という少女と出会って、不思議な力を持っていましたとさ。

というファンタジー系アニメですな。

 

舞台は、東京です。

しかも、新宿歌舞伎町、代々木駅周辺、

池袋ですね。

 

東京に住んでいると、おおよその場所は

分かりますね。

 

私はすべての場所がどこなのか

分かりました(笑)

 

天気の子の感想を述べてみる!

それでは、天気の子の感想を述べたいと

思いますね。

 

映像表現は、かなりきれいですね。

この辺りは新海監督の得意なところなのだと

思います。

 

ストーリーは、ありきたりと言えば、

ありきたりですね。

 

所謂、青春時代に、不思議な体験をして、

時間が経って再開するという流れだろうなあと

読むことができますね。

 

映画を鑑賞していて、間延びがするように感じました。

ちょっと退屈だなあと思う時間もありました。

 

映画の内容的に、ファンタジーと現実を

ごちゃまぜにしているので、

時折、現実に引き戻される感覚があります。

 

ですから、ストーリーの前提条件が原因で、

残念なことになっているなあと思いました。

 

君の名は。を前提にして、

鑑賞することは止めた方が良いかなあと

思いましたね。

 

 

天気の子のネタバレ

さて、天気の子のネタバレです。

映画で知りたいという方は、

読まないでください。

 

君の名は。とのパラレルワールド?

天気の子では、100%晴れにする力を

持った陽菜が晴れ女の力で仕事をします。

 

その仕事を依頼した依頼人には、

君の名は。の主人公のおばあちゃんがいます。

 

そして、君の名は。の主人公も一緒に出てきますし、

天気の子の主人公帆高と話すシーンも出てきます。

 

加えて、君の名は。のヒロインも出てきます。

帆高が陽菜のために指輪を購入するシーンが

あるのですが、そのお店の店員として

働いているのです。

 

ファンタジーという目線で見れば、

パラレルワールドのような感じですね。

 

実際に映画で見ると、おお!と思います。

 

 

 

 

 

現実とファンタジーを一緒にすると冷める

これは、私が感じたことなのですが、

帆高は、高校1年生で、地元の離島から

一人家出をしてきます。

 

その最中に、船で助けてもらった須賀が

やっている編集会社でバイトをします。

 

なので、当然ではありますが、

帆高の両親からは捜索願が出ます。

 

そして、天気の子として、人身御供になった

陽菜を助けようと奮闘する帆高を須賀は

助けてくれますが・・・

 

警察が介入するシーンがありますので、

かなり現実に引き戻されます。

 

ファンタジーと現実が行ったり来たり

してしまうシーンが後半に連続するので、

ファンタジーの部分が薄れてしまうのです。

 

前作、君の名は。では現実的な避難という

最も重要な現実がありましたが、

 

それは、ファンタジー性との絡みがうまく

できていて、違和感がなかったんですが、

天気の子はかなり違和感がありましたね。

 

その違和感が残念な感じだと思います。

 

それと、最大のネタバレですが、

神がかり的だなあと思うのが、

 

今の東京と天気の子の東京が

同じような天気だということです。

 

映画の中では、1ヵ月以上晴れの日がなく、

ずっと雨が降っています。

 

2019年7月の東京も日射不足を

指摘されていますね。

 

映画では、東京の天気を通常に戻すために

陽菜が人身御供になります。

 

それを帆高が助けにいくという設定です。

なんか、神がかり的な何かを感じますね。

 

さっそく聖地巡礼へ!

天気の子では、東京の街並みがかなり詳細に

出てくることになります。

 

私は映画を見た後に代々木で飲み会だったので、

天気の子の劇中でお社があった廃ビルを撮影して

きました!

 

こちらです!!

左側の廃ビルが、天気の子に出てきた

ビルとなります。

 

実際には、屋上にお社はないし、

そう簡単には入れません。

 

これ以外にも映画を見ていて面白かったのは、

帆高が警察から追われているときに、

陽菜が雷を車に落として助けるのですが、

 

雷が落ちた場所が、HUMAXシネマがある通りで、

私は、当日HUMAXシネマで見ていました。

 

ああ、これってここじゃん!

みたいな感じになりましたね。

 

因みに、シネマサンシャインも映っています。

しかし、先日閉館してしまいました。

 

今は、グランドシネマサンシャインとして

リニューアルオープンしていますね。

(完全に余談なんですけどね。)

 

このように、東京にいて、場所を知っている

人にとっては、この場所知ってる!

ということがあるはずです。

 

 


編集後記

今日は、大学院の民事訴訟法のレポート準備を

していこうかなあと思います。

 

あとは、ジムに行ってこようかなあと

思っていますね。

 

あっと、動画の編集もしないといけなことを

忘れていました・・・

今からやります!!

 

 

ではぼっち税理士の齋藤でした~
それではまた👍

 

youtube始めました!
税理士さいとうゆきおチャンネル

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所ホームページ

 

この記事は、その時の状況、心情で書いています。
また、法令に関しては、その後改正された場合には、
異なる取り扱いになる可能性があります。

 

 




ABOUT US

創業・起業支援、税務調査に特化した新宿区の税理士です! 今までは、海外から日本へ進出する会社様の創業・起業支援を行ってきました!また、外国法人や外国法人の子会社の税務調査に対応してきた知見(国税局・特別国税調査官・通常の調査官への対応経験)を生かして税務調査対応も支援しています! ブログの運営方針は、0to1になるような情報発信をしていきます!