【ストレスを発散する、少なくする】頭脳労働はストレスが溜まる仕事。work as lifeを見据えて




自分の生存確認のために空を見ることも
良いのではないかと思います。

現代社会ではなぜストレスがたまるか?

現代社会はストレス社会といわれます。

ストレスとは、俗に精神的緊張を言うと

されているようです。

 

現代は、表面上にて人に気を遣うことが

増えていると思います。

言葉遣い、態度など仕事だけでなく、

プライベートでも緊張を強いられます。

 

特に社会人ともなると本音は言えない

場合が多いです。

 

最近だと飲み会を誘ったりするとパワハラ、

女性の肩に手を置くとセクハラなど

ハラスメントへの対応も慎重にならないと

いけなくなっています。

 

男性ですと、満員電車での痴漢冤罪に

巻き込まれるリスクとの戦いもあります。

四六時中ストレスと戦っているといっても

過言ではないと思います。

 

反対に女性も社会進出をしたい、したくない

という選択にかかわらず、そういった風潮から

男性と同じような勤務状態になってきました。

 

役員や上司となって部下を持つようになり、

管理職として女性が活躍することは良いこと

なのかもしれませんが、体は追い付いても

心が疲弊していってしまうこともあり得ます。

 

つまり、生きているだけでかなり

ストレスなのです。面倒なのです。

 

 

 

頭脳労働は頭を使う分疲れを感じにくい

また、日本もようやっと頭脳労働の

比重が高まってきています。

管理スキルが必要となる分野の仕事が

多くなってきていると感じます。

 

また、副業も一般的なことになりつつあり、

自分の仕事を管理することも今後多くなって

来るのではないかと思います。

 

こうした頭脳労働においては、

疲れが感じにくい場合があります。

体は休まないと疲れたと感じますが、

休んでも疲れが取れない、

なんとなく倦怠感があることないですか?

 

サービスメニュー

 

それは、頭脳が疲れているのと同時に

ストレスにも関係しているかもしれません。

先ほども申し上げた通り、ストレスとは、

精神的緊張です。

 

これがずっと続くとどうなるかは、

想像に難くないでしょう。

 

どこか疲れているけれど、

どこが疲れているのかわからない

そんな時は、頭脳の疲れをとる方法を

考えた方が良いかもしれません。

 

うまくリフレッシュさせよう

うまくリフレッシュさせる方法として、

私は何も考えない日を作ることが

良いのではないかと思います。

 

私の場合には、遊ぶことです。

何も考えずに遊びます。

 

最近少しずつ流行りだしているのは

瞑想だと思います。

都内にそのためのサロンもできています。

 

確かに、瞑想だとなにも考えることなく

自分と向き合えて、かつ、現実とは

違った世界に飛び込むことができます。

私も今度体験してこようかなと思っています。

 

頭脳労働の先にあるもの

この頭脳労働ですが、すでに提唱者がいて、

ドラッカーが述べいています。

私は、この頭脳労働の次に来るものは

一体何なのかということが気になります。

 

今読んでいる本がその答えの一つを

提唱している面白い本です。

読了したら、記事にしたいと思います。

 

さて、今後も頭脳労働の時代が

まだ続きそうです。

 

今後は、頭脳労働に少しずつAIも入ってきて、

数学的、読解力が必要ないことは

AIが行うことになります。

 

頭脳労働だから機械にとって代わられる

ことはないと思うことは間違いです。

また、もうすぐそこに、ワークライフバランス

ということではなく、ワークアズライフ

という世界が迫っています。

 

今私は、ワークアズライフのところにいます。

労働契約であっても人生の一部として、

仕事が出てくるという時代です。

 

そんな時に、精神的緊張であるストレスを

抱えたままではやってられません。

やはりストレスをどうにかすることが

今の人たちには大切なことなのです。

 

 


編集後記

今日は訪問がありません。

2件の記帳代行がありますので、

それをかたずけてしまおうかと

思っています。

 

そろそろ、ブログのメニューを刷新して

新たなサービスに生まれ変わらせよう

かなと思います。

 

また本当は手を出したくないのですが、

今後実験を自分の会社でしてみようかなと

思うことが1つあります。

いつまでもしり込みしててもしょうがないので。

 

 

twitterやっていますので、
フォローをお願い致します。
(フォロー返します!)

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所ホームページ

 

この記事は、その時の状況、心情で書いています。
また、法令に関しては、その後改正された場合には、
異なる取り扱いになる可能性があります。

 

サービスメニュー

 




ABOUT US

齋藤 幸生税理士・行政書士・経営革新等支援機関・ブロガー
都内税理士事務所にて7年間の勤務後独立。 2017年に税理士として独立後は建設業、フォワーディング業、IT業に特化した税務を行っています。また財務支援として資金繰り支援(会社の資金繰りと資金調達支援)を行っています。行政書士としては建設業許可、利用貨物運送事業の許可業務に特化しております。