スポンサーリンク




ギターのエフェクターはコンパクトか?マルチか?

スポンサーリンク
ギター
スポンサーリンク

かなり昔のものですが、まだ現役です!

スポンサーリンク

どちらも持っていて損はない

私はエフェクターの種類はそんなに

持ってはいませんが、コンパクトと

マルチ両方使っています。

 

コンパクトはスタジオ練習やライブで、

マルチはレコーディング用にです。

どちらもメリットデメリットは

あるのですが、両方持っていて

損はないと思います。

 

 

 

マルチは音色が多彩

マルチエフェクターは様々な

アンプやエフェクターが

内蔵されているので、

色々試すことができます。

 

真空管アンプ、コンボアンプ

エフェクターはディストーション

オーバードライブ、リバーブなど

多種多様な機材が内蔵されているので

コストパフォーマンスが良いです。

 

それに、スタジオに行かなくても

ヘッドフォンで音作りができるため

実験をすることができます。

 

 

 

コンパクトはとがることができる

対してコンパクトエフェクターは

自分が好きな音でとがることが

できると思います。

 

好きなアーティストに似せて

音を作りたければ、そのアーティストが

使っているエフェクターを使ったり

独自の音を追求してもいいです。

 

コンパクトエフェクターは

自分らしさを追求するためにあると

言っても過言でないくらい

豊富な種類があります。

 

まるで砂金を見つけるような

感じで自分に合ったサウンドを

作っていく楽しさがあると

思います。

 

 

 

まとめ

近年、エフェクターにもITの

波は押し寄せていて、

ネット接続で音色を足していける

マルチエフェクターがあります。

 

また、最近に始まったことでは

ありませんが、音楽制作ソフトで

ギター、ベースのアンプ、エフェクターが

すでにモデリングされているソフトが

あったりして自分で音を作らなくても

かなりいい音で録音できる場合もあります。

 

値段の高い、安いはありますが、

それだけで音が良いという

ことではないです。

 

あくまで自分にとっていい音で、

聞いていて心地よい、かっこいい

そんな音作りを目指していければ

良いと思います。

 

 


編集後記

今日はSkypeで、お客様と面談しました。

やっとお互いに慣れてきた感じがあります。

やっぱり慣れも必要ですね。

 

昨日の忘年会の疲れがまだ残って

いるのですが、今日まで仕事をして

土日に英気を養おうと思います!

 

 

twitterやっていますので、
フォローをお願い致します。
(フォロー返します!)

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所ホームページ

 

 

 

ギター ブログ 趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
齋藤 幸生をフォローする
スポンサーリンク
問題解決を後押しする西新宿のLiens税理士事務所 齋藤幸生