個人事業の消費税の申告期限と決算処理には落とし穴がありますよ




今回は個人事業主の消費税の申告・申告期限について紹介いたします。

★個人事業主の消費税の申告期限について

個人事業主の方であっても消費税の納税義務者になっている方もいると思います。

では、申告期限っていつなのでしょうか?

3/15だ!!と思っている方が多くいらっしゃるような気がします。実は、3/31になります。

ですので、16日だけではありますが、所得税の申告納付期限の後で申告と納付は可能です。

 

★消費税の申告期限と経理処理の落とし穴

個人事業の決算を幾度となくやっていらっしゃる方は、大丈夫だと思うのですが、私は消費税の申告期限が3/31ということで、先に所得税の決算をして経理処理に消費税を反映せずに所得税の確定申告書を作成してしまったことが1回だけあります。これだけ書くと大したとではないのではないか?と思うかもしれませんが、その個人事業主の方の消費税の経理方式が税込経理方式だったのです。

税込経理方式にすると、決算にて納付額を費用として計上することができます。ですから、消費税の納付金額×所得税率の部分だけ多く所得税を納めてもらう結果となりました。お客様には来年は消費税を2年分(前年分と今年分)費用とするのでという説明を行って謝罪しました。

皆さんも、消費税の経理処理方法には十分にご注意ください。

ちなみに、税抜経理処理を行っている場合にも先に消費税の決算処理をしてから所得税の決算を行うという流れは同じです。しかし、税抜経理方式ですと、収入と費用からそれぞれ消費税をすでに抜いた金額が所得税の課税対象となっているので、もし消費税の決算処理が漏れてしまったとしても所得税の納付金額は影響しません。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

創業・起業支援、税務調査に特化した新宿区の税理士です! 今までは、海外から日本へ進出する会社様の創業・起業支援を行ってきました!また、外国法人や外国法人の子会社の税務調査に対応してきた知見(国税局・特別国税調査官・通常の調査官への対応経験)を生かして税務調査対応も支援しています! ブログの運営方針は、0to1になるような情報発信をしていきます!