所得税の納税地ってどこ?




本日は所得税の納税地について紹介したいと思います。

★納税地って何?
納税地とは確定申告書を提出する税務署を確定する場所になります。通常は住所地を管轄する税務署へ提出すればよいことになります。
★納税地の特例もありますよ
個人事業を行っている方は納税地の特例を受けることによって、住所とは違う事務所の住所地で確定申告書を提出することができます。
ただし納税地の変更に関する届出書を提出しなければなりません。提出期限は特に定めがあるわけではないので、いつでもご提出は可能です。この届出書の提出日以降に納税地が変更となります。現実的には、今年は変更前の住所地でご提出頂き、平成29年度の申告から変更後の納税地になるイメージとなります。確定申告書と一緒にこの届出書を提出しても受理はしてもらえると思いますが、変更後の納税地としてその場で受け入れてくれるかは対応してくれる税務署の方によると思います。
余談ではありますが、私の知り合いが住所地ではなく事務所の住所地の税務署に変更届書を提出せずに確定申告書を提出していました。変更届書の提出を知らなかっただけなのですが、税務署も気がつかなかったらしく、3年くらい間違った場所で提出していました。もちろん、確定申告が無効になることはありませんでしたが、冷やっとする場面ではあります。
ぜひご提出先の税務署のご確認をお願いします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

創業・起業支援、税務調査に特化した新宿区の税理士です! 今までは、海外から日本へ進出する会社様の創業・起業支援を行ってきました!また、外国法人や外国法人の子会社の税務調査に対応してきた知見(国税局・特別国税調査官・通常の調査官への対応経験)を生かして税務調査対応も支援しています! ブログの運営方針は、0to1になるような情報発信をしていきます!