バックアップをこまめにすることでパソコンの移行作業が楽になる




バックアップをこまめにすることでパソコンの移行作業が楽になる

こんにちは!

 

税理士・行政書士の齋藤幸生です!

 

今回は・・・

パソコンの以降のときの記事です。

 

それでは、スタートです!!

 

バックアップはこまめにする

バックアップはこまめにやっておく

ことに越したことはないです。

 

毎日バックアップをする

必要はないのですが

 

万が一に備えてやっておくと

リスクヘッジになり得ます。

 

私が考えるバックアップとは

主要なデスクトップ型ソフトの

バックアップになります。

 

元々デスクトップ型ソフトは

パソコン内部にデータが

保存されるのが仕様です。

 

しかし、パソコンが壊れた

といった場合にはバックアップが

なくなる危険性が高まります。

 

ですから外部HDDや

クラウドなどにこまめに

バックアップデータを保存します。

 

バックアップデータを保存すれば

パソコンが壊れたとしても

 

新しいパソコンでソフトを

インストールしてバックアップを

リストアすれば問題なく

前の状態で使うことができます。

 

 

パソコンの移行作業が楽になる理由

バックアップをこまめにすることで

パソコンの移行作業が楽になります。

 

上記でも触れたように

パソコンで重要なことは

 

パソコンが壊れて使えなくこと

ではありません。

 

パソコンで行った作業後のデータが

なくなるということが非常に困ります。

 

データがなくなってしまうと

作業が初めからになります。

 

二度手間になり時間を

さらに費やすことになります。

 

こうしたことを防止する

観点からバックアップは

重要になります。

 

 

 

バックアップをしていると

突然パソコンが壊れても

 

新しいパソコンにソフトを

インストールするだけで

作業を再開することが可能です。

 

ソフトの移行などに

時間はかかりますが

 

作業後のデータがなくなる

といった心配はありません。

 

ソフトをインストール

だけでパソコンの移行が

済むことになるわけです。

 

Googleが移行時のお供になる

私は基本的にGoogleを使っています。

これもパソコン移行のときに

重要なツールになると思っています。

 

基本ソフトをGoogleアカウントと

連動しておけばインターネット上で

アカウントの紐づけができます。

 

面倒なアカウント設定が

必要なくなるわけですね。

 

注意点もあります。

 

あまりに一つのアカウントに

紐づけしておくと

 

アカウントを乗っ取られた場合

災害になります。

 

どれだけ紐づけておくのかは

さじ加減が必要だと思います。

 

私はGoogleだけではなく

他の会社のアカウントも利用して

運用をするようにしています。

 

メリットとデメリットを

分かったうえでの運用が

必要になります。

 

 

 

 


編集後記

本日の記事を書いた理由は

昨日、パソコンが壊れたからです。

 

購入して1年くらいなのですが

このようなこともあるようです。

 

調べたらデスクトップ画面が

工場でのテストになってしまい

画面が赤、黒、白、緑で点灯して

デスクトップ画面が写らない

という症状でした。

 

運よくかはさておき

外付けのモニターでは

デスクトップ画面になって

作業できたので

 

パソコンの買い替えをして

現在に至るところです。

 

パソコン移行は結構大変ですね。

 

 

では税理士・行政書士の齋藤幸生でした!!

それでは、また!

 

youtube始めました!
税理士さいとうゆきおチャンネル

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所 齋藤 幸生ホームページ

 

この記事は、その時の状況、心情で書いています。
また、法令に関しては、その後改正された場合には、
異なる取り扱いになる可能性があります。

 

 




ABOUT US

齋藤 幸生税理士・行政書士・経営革新等支援機関・ブロガー
都内税理士事務所にて7年間の勤務後独立。 2017年に税理士として独立後は建設業、フォワーディング業、IT業に特化した税務を行っています。また財務支援として資金繰り支援(会社の資金繰りと資金調達支援)を行っています。行政書士としては建設業許可、利用貨物運送事業の許可業務に特化しております。