税理士業で独立したらどこかでリフレッシュ日を設けておく




税理士業で独立したらどこかでリフレッシュ日を設けておく

こんにちは!

 

税理士・行政書士の齋藤幸生です!

 

今回は・・・

税理士業で独立したらどこかで

リフレッシュ日を設けておく記事です。

 

それでは、スタートです!!

 

税理士業で独立したらリフレッシュ日を設けておく

税理士業で独立したらリフレッシュ日を

設けておくと良いです。

 

理由は脳を休ませるためです。

 

税理士業は基本的に頭を使うことが

多い職種になります。

 

私は独立して5年経過して

ある程度関与先が増えているので

 

スケジュールが空いている日に

いきなりリフレッシュすることが多いです。

 

リフレッシュすることで

仕事へ焦り、休めたという実感が出てきます。

 

 

リフレッシュ日=何も考えない日

リフレッシュは何も考えない日と

位置づけています。

 

人間は何も考えていないようでも

意外と脳を使って活動します。

 

そうなると疲れた状態が

いつまでも抜けず仕事のパフォーマンスが

落ちていくことになります。

 

独立後と勤務を比較すると

勤務のときの方が頭を使っていないと

私は感じています。

 

勤務のときには事務所から出たら

あとは仕事を忘れることで済みます。

 

独立すると仕事時間が終わっても

関与先から連絡があって対応をする

ということもあります。

 

 

 

いつまでたっても仕事脳の状態で

継続していることになります。

 

これだともちません。

 

人によってはお酒を飲んだり

趣味に没頭したりすることで

一時的に仕事には使わない脳を

使うようにすることも出きます。

 

私が考えているリフレッシュとは

活動をすることではなくて

 

何も考えずにボーっとしている

状態のことです。

 

脳に刺激を与えず完全に思考を停止して

休めることを考えています。

 

休むことで仕事へ焦りが生まれる

仕事があるにも関わらずリフレッシュする

という行動に出ることもあります。

 

仕事が溜まってしまい焦りますが

その焦りが仕事をさばくための効率化に

なると感じています。

 

「仕事しなきゃな」こんな状態に

自分を持っていくことができれば

成功だと思っています。

 

仕事へのモチベーションは上がりますし

仕事をしたいとさえ思えていきます。

 

別の観点から申し上げると

リフレッシュすることは仕事だと

考えることができます。

 

仕事=仕事をすること

という考えではないということです。

 

自分を休めることも仕事で

実際に仕事をすることに対して

気持ちを持ち上げることも必要です。

 

日日決まった時間、決まったことを

やるようになってしまうと感覚は

麻痺してきます。

 

麻痺した脳にリフレッシュという

刺激を与えることも仕事だと考えています。

 

 


編集後記

というわけで本日はリフレッシュ日にしました。

午前中は映画を見に行ってきました。

 

午後はネットフリックスをずっと

見ていてボーっとしていました。

 

平日だからという理由で仕事をするのは

なんだかつまらないとも感じます。

 

せっかく独立したのだから

フリーな時間を平日にやることで

ちょっとした罪悪感があります。

 

この罪悪感が仕事への活力になると

私は考えています。

 

 

では税理士・行政書士の齋藤幸生でした!!

それでは、また!

 

youtube始めました!
税理士さいとうゆきおチャンネル

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所 齋藤 幸生ホームページ

 

この記事は、その時の状況、心情で書いています。
また、法令に関しては、その後改正された場合には、
異なる取り扱いになる可能性があります。

 

 




ABOUT US

齋藤 幸生税理士・行政書士・経営革新等支援機関・ブロガー
都内税理士事務所にて7年間の勤務後独立。 2017年に税理士として独立後は建設業、フォワーディング業、IT業に特化した税務を行っています。また財務支援として資金繰り支援(会社の資金繰りと資金調達支援)を行っています。行政書士としては建設業許可、利用貨物運送事業の許可業務に特化しております。