Liens税理士事務所のホームページを改修してみた!




Liens税理士事務所のホームページを改修してみた!

こんにちは!

 

ぼっち税理士の齋藤幸生です!!

 

今回は・・・

Liens税理士事務所のホームページを改修してみた!

を記事にしたいと思います。

 

今までは無料のワードプレステーマである

Cocoonを使っていましたが

 

事務所運営的にちょっとはお金をかけて

有料のテーマでやってみようと思いました。

 

改修したテーマなどやってみたことと

今後のホームページの運用についても

書いていきたいと思います。

 

それでは、スタートです!!

どうやって改修したのか?

ホームページの改修をやった方法ですが

改修が楽で直感的にできて、士業向けのテーマを

探してテーマを決めました。

 

私が使ったのは

Communitycomというテーマです。

 

選択した理由として士業向けのホームページを

楽に作ることができるテーマだったからです。

 

ワードプレスではCSSや子テーマを通じて

自分に合ったように作ることが通常ですが

それだとちょっとした専門知識が必要で

初心者にはきついです。

 

しかも学習して試してみて修正して

調べてなどの時間もかかります。

 

今回は有料のテーマを購入することで

時間を買ったということです。

 

料金は27,000円(税別)となります。

 

昨日購入してすぐに改修をしてみたのですが

かなり楽に編集することができましたね。

 

ワードプレスのテーマのカスタマイズから

入力、URLを張り付けるなどして1時間くらいで修了。

 

ランディングページをすぐに作れます。

 

初めにホームページを作成しようとすると

業務内容、代表プロフィールなどページが必要ですが

私の場合、すでにあったページを流用することで

1時間でできただけです。

 

最初から作成しようとすると

もっと時間はかかると思います。

 

まだ改修をしようとは思っていますが

現状では見てもらう分には問題ないので

スキマ時間でちょっとずつやろうかと思います。

 

 

改修した理由と今後の運用について

ホームページを改修した理由は

2020年から営業を本格化させたいので

税理士事務所らしいホームページにしようと

考えたからです。

 

今までのテーマでも良かったのですが

税理士事務所感は薄い感じでした。

 

もっと士業らしさをだして運用しても

良いのではないかと思ったのです。

 

実際にCommunitycomを使ってランディング

ページを作ってみたところ税理士事務所感は

かなり演出できたと思います。

 

世の中は士業には士業らしさを求めますので

これで営業の目的の一部になるのであれば

それでよいかと思います。

 

 

 

 

今後の運営としては今まで同様に

ブログとホームページの2つで運用していきます。

 

ブログは税務、会社経営、自分が体験したことを

中心として平日毎日更新する感じです。

 

ホームページはその時々の税務記事を

土日祝日で更新しようかと思います。

 

税理士事務所のホームページを閲覧する人が

税務記事を欲しているとは余り考えられませんが

ランディングページの集客のためにも

一定の記事は必要となります。

 

ブログも改修予定

ブログは回収するのかというと

改修予定です。

 

すでに有料のテーマを探して購入しています。

今日スキマ時間があればやってみて小さな改修は

今後ちょっとずつやりたいと思います。

 

ですから、最初はカラフルな感じのブログになると

思いますね。

 

より税理士が書いたブログからは遠くなる

ランディングページになります。

 

 


編集後記

今日はインタビューが事務所内で行われます。

税務についてですね。

 

先月、インタビューを受けた会社からの依頼で

2つの論点について解説するインタビューです。

 

念のために申し上げるとお金は一切なしです。

因みに、今回書いたホームページのテーマを

作成した会社からも一切お金は受け取っていません。

自分でやってみたことを記事として書いただけです。

 

大学院のレポートがかなり手こずっています。

他の受講生さんも手こずっていると思いますね。

 

 

ではぼっち税理士の齋藤でした~
それではまた👍

 

youtube始めました!
税理士さいとうゆきおチャンネル

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所ホームページ

 

この記事は、その時の状況、心情で書いています。
また、法令に関しては、その後改正された場合には、
異なる取り扱いになる可能性があります。