余裕をもった計画、前倒し、後ろ倒しでも同じ効果がある!




計画倒れになる計画

恐らく、多くの人が経験あるであろう

計画倒れ・・・

 

計画は立てるけれども、

その計画が実行されない、できない

しなかったなど、最終的に

計画倒れになった計画は多いのでは?

と思います。

 

私も数多くの計画がダメになった

一人です。

 

今は、独立して時間をどうやって

使おうかなと考える時間があります。

考えてみると、自分でした計画には

余裕のようなものがなかったのかな?

と思うことがあります。

 

例えば、朝早起きして税理士試験の

勉強をする(これは達成できました!)

達成できたからよかったものの

今考えるともうちょっとどうにか

ならなかったかなとも思います。

 

 

余裕をもって計画する!

計画をする場合には、余裕をもって

計画するということが私には

欠けていたのでは?と思っています。

 

どういうことかというと、

時間びっしりの計画にしてしまう

ということです。

 

つまり、何か不測の事態が起こったときに

対応できない計画にしていたと

思っています。

 

1日24時間なので、その時間をはみ出す

ことはできないのですが、

計画してもできないときはあるものです。

 

そのできなかったことを次の日に

やれるようにしておくといった

他の時間を探すことができなかった。

 

そのように思っています。

1日でできることは限られています。

ですから、2日間や3日間に分けても

良いのかなと思うわけです。

 

 

 

計画が実行できればプラスアルファ

では、計画が実行できたらそれで

良いのかというとそうではないです。

計画が実行できたのであれば、

プラスアルファをやりましょう!

 

つまり、前倒しでやるのです。

私の場合は、仕事や司法書士試験

の学習です。

 

前もってやっておくと、

先の時間を今日使うことになります。

つまり先の時間が空くことになり、

時間の余裕が生まれます。

 

後ろ倒しにするのも、前倒しにするのも

両方とも余裕を持たせるために必要な

ことだと思うのです。

 

後ろ倒しだと時間を巻ないと・・・

と思うかもしれませんが、

決してそうではないです。

 

今日やれなかったことを次の日に

やる方がスケジュールとして

効率的だと判断できればいいのです。

 

例えば、仕事が中途半端の場合は、

まとめてやった方がいいのか、

断続的にやった方が良いのか、

判断すると思います。

 

 

 

まとめ

人は、常に判断と計画、

計画と判断を繰り返しています。

仕事、人間関係など様々です。

 

それでもできないときは

できないものです。

それでいいのです。

 

できないときに無理やりやっても

良いことはありません。

時間、心の余裕があって初めて

別の見方ができるなんてことが

あると思います。

 

まずは、余裕をもって計画を

してみてはいかがでしょうか?

 

 


編集後記

今日は、午後から野球部の練習と

新年会です。

年末調整は明日にして、

依頼されている資料の

送付だけにしようかなと思います。

 

 

司法書士学習日記

民法:物、意思の欠缺

復習(できれば):行為能力、不存者

 

twitterやっていますので、
フォローをお願い致します。
(フォロー返します!)

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所ホームページ

 

 

 




ABOUT US

創業・起業支援、税務調査に特化した新宿区の税理士です! 今までは、海外から日本へ進出する会社様の創業・起業支援を行ってきました!また、外国法人や外国法人の子会社の税務調査に対応してきた知見(国税局・特別国税調査官・通常の調査官への対応経験)を生かして税務調査対応も支援しています! ブログの運営方針は、0to1になるような情報発信をしていきます!