電子申告の準備が整いました!




本日、ICカードリーダーライターが我が家に到着して、電子証明の設定が完了しました!!

これで、電子申告の環境が整いました。

 

電子申告は、国税と地方税で使うソフトウエアが違います。

国税はe-taxソフト、地方税はPCdeskになっています。

 

両方とも電子証明書が必要なので、電子証明書を作成してから使用開始することになります。

ただし・・・

上記の申告ソフトは利用開始届出書を提出しなければなりません。

国税はhttp://www.e-tax.nta.go.jp/todokedesho/kaishi3.htmのサイトで、

地方税はhttps://www.portal.eltax.jp/apa/todokede/#eLTAXのサイトにて届出書を作成します。

 

国税と地方税の申告ソフトの違いはまだあります!

国税のe-taxソフトはWEBで対応できますが、地方税はPCdesk一本です。したがってダウンロードとインストールが必要となります。また、地方税の利用開始届出のパスワードは仮なので、PCdeskにて新たに任意のパスワードを設定する必要があります。非常に手数がかかる仕様となっております。

 

自社、ご自身で電子申告を行う場合には以上の点を踏まえた上で、まずは電子申告のセットアップを準備してみてください!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

齋藤 幸生税理士・行政書士・経営革新等支援機関・ブロガー
都内税理士事務所にて7年間の勤務後独立。 2017年に税理士として独立後は建設業、フォワーディング業、IT業に特化した税務を行っています。また財務支援として資金繰り支援(会社の資金繰りと資金調達支援)を行っています。行政書士としては建設業許可、利用貨物運送事業の許可業務に特化しております。