無料で情報が手に入る経営支援サイト・メルマガ2選を税理士・行政書士が解説




無料で情報が手に入る経営支援サイト・メルマガ2選を税理士・行政書士が解説

こんにちは!

 

税理士・行政書士の齋藤幸生です!

 

今回は・・・

無料で情報が手に入る経営支援サイト・メルマガ

2選を税理士・行政書士が解説する記事です。

 

・無料の経営支援サイト・メルマガ2選

・J-NET21とは?

・ミラサポplusとは

についてわかる記事です。

 

それでは、スタートです!!

 

 

無料の経営支援サイト・メルマガ2選

無料の経営支援サイト・メルマガ

2選は次のものです。

 

・J-NET21

・ミラサポplus

 

J-NET21は

独立行政法人中小企業基盤整備機構

が運営するサイトになります。

 

中小企業とその支援者、創業予定者

向けのサイトになります。

 

サイトやメルマガでの情報提供を

行っています。

 

ミラサポplusとは

経済産業省の中小企業庁が

運営しているサイトです。

 

補助金や給付金の情報を

サイトやメルマガにて行っています。

 

どちらも情報を提供を行っている

という点は共通です。

 

一時情報を発信しているという点で

情報の価値があると思います。

 

ネットで不確かな情報を探すよりも

両方とも国の機関が運営しているので

情報の正確さが売りになっています。

 

 

J-NET21とは?

J-NET21とは以下の情報提供を

行っています。

 

①支援情報ヘッドライン
→補助金・助成金情報など、全国の中小企業向け施策を毎日更新しています。

②経営ハンドブック
→中小企業経営者の虎の巻を公開しています。

③ビジネスQ&A
→経営者の様々な悩みに専門家が回答としています。

④特集・事例
→企業事例や様々なテーマの解説記事を掲載しています。

⑤起業マニュアル
→起業に必要な情報をステップごとに網羅しています。

⑥業種別開業ガイドブック
→300件以上の業種ごとの開業準備手引書を公開しています。

 

 

 

問題点としては情報量が多すぎる

という点になります。

 

こちらを解消するためには

メールマガジンを購読しておくと

良いかと思います。

 

メールマガジンも無料の情報提供です。

 

メールマガジンでは

直近1週間に更新された支援情報を

メールにて提供を行っています。

 

私もJ-NET21のメールマガジンを

購読しています。

 

毎日、J-NET21を確認する手間を

省くために効率的になります。

 

さらに情報を深堀したいときに

J-NET21のサイトに行って

情報を探すことにしています。

 

 

ミラサポplusとは?

ミラサポplusは次の3つの情報提供を

行っているサイトになります。

 

①支援制度を探す
→中小企業・小規模事業者を対象として、補助金/税/認定など様々な支援制度の情報を公開しています。創業から事業拡大、承継までについて範囲は広くなっています。

②支援者・支援機関を探す
→中小企業・小規模事業者の経営上の悩みを解説する地域の支援機関や専門家を紹介しています。

③事例を探す
→中小企業・小規模事業者の様々な経営事例集を集めて公開しています。

 

J-NER21との違いは

補助金・助成金に特化していることです。

 

具体的には、持続化補助金、IT導入補助金

ものづくり補助金といった補助金です。

 

ミラサポplus会員になることで

ミラサポplusで更新された情報を

即時又は1日分をまとめてのいずれかで

メールマガジンとして受け取れます。

 

ミラサポplusにはログイン種別が2つあり

メールアドレス認証・SNSアカウント

GビズIDです。

 

どちらでも問題はありませんが

もし電子申請サポートを利用するなら

GビズIDでのログインになります。

 

 


編集後記

国の機関として2つを紹介いたしました。

多くの人はマスコミを通じて情報を得ることが

多いかと思います。

 

しかし、一時情報ではない可能性があるので

正確なことを知ることができない可能性があります。

 

国の施策や情報は基本的に

国から公表されますので国の機関が

公表しているのが良いかと思います。

 

 

では税理士・行政書士の齋藤幸生でした!!

それでは、また!

 

youtube始めました!
税理士さいとうゆきおチャンネル

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所 齋藤 幸生ホームページ

 

この記事は、その時の状況、心情で書いています。
また、法令に関しては、その後改正された場合には、
異なる取り扱いになる可能性があります。

 

 




ABOUT US

齋藤 幸生税理士・行政書士・経営革新等支援機関・ブロガー
都内税理士事務所にて7年間の勤務後独立。 2017年に税理士として独立後は建設業、フォワーディング業、IT業に特化した税務を行っています。また財務支援として資金繰り支援(会社の資金繰りと資金調達支援)を行っています。行政書士としては建設業許可、利用貨物運送事業の許可業務に特化しております。