ThinkPad X13プレミアムを購入したのでレビュー!




ThinkPad X13プレミアムを購入したのでレビュー!

こんにちは!

 

税理士・行政書士の齋藤幸生です!

 

今回は・・・

ThinkPad X13プレミアムを購入したので

レビューする記事となります。

 

いままで使っていたSurface Laptop2の起動が

怪しくなってきましたので買替を検討しました。

 

色々と探した結果としてLenovoにすることに決めて

結果、持ち運び用としても機能するThinkPad X13を

購入しました。

 

私が購入したパソコンについての仕様

操作性、ビジネス用の備忘録としての

記事となります。

 

それでは、スタートです!!

 

ThinkPad X13プレミアムとは?

ThinkPad X13

2020モデルとして最新型となります。

私が購入したのは

ThinkPad X13 Gen1(AMD)プレミアムになります。

 

通常販売価格は267,300円となっていますが

2020年8月17日現在ではクーポン適用で

141,669円となっています。

 

接続することができるのは

microSD、スマートカードリーダー

USB3.1、セキュリティーホール

USB3.1 Gen2 Type-C(電源と共有)

USB3.1 Gen2 Type-C、イーサネット拡張コネクター

USB3.1 Gen2、HDMI、ヘッドフォンジャック

ということになっています。

 

ThinkPad X13 Gen1(AMD)プレミアムの基本性能などは

次のとおりです。

 

プロセッサー AMD Ryzen7 Pro 4750U(1.70GHz,8MB)
初期導入OS Windows 10 Home 64bit
メモリー 16GB DDR4 3200MHz(オンボード)
ストレージ 512GB ソリッドステートドライブ
ディスプレイ 13.3型FHD液晶(1920×1080)
WVA、光沢なし、300nit、マルチタッチ非対応
狭額縁ベゼル、72%NTSC
グラフィックス 内臓グラフィックス
電源アダプター 65W AC Adapter(2pin)-Japan
(USB Type C)
標準保証 1年間 引き取り修理
内蔵カメラ 720p HDカメラ(マイクロフォン付き)
指紋センサー 指紋センサーあり
キーボード 日本語キーボード
ワイヤレス インテル Wi-Fi6 AX200(2×2)+
Bluetooth(vPro対応)
WWAN WWANなし
バッテリー 6セル リチウムイオンポリマー内蔵
バッテリー(48Wh)
ポインティングデバイス 指紋センサーあり

 

上記の様な仕様で購入しました。

 

一番心配だったのはプロセッサーです。

インテルではなくAMDのRyzenなので

会計ソフトや税務ソフトが動くのか?でした。

 

この点について慎重に調べたところ

量販されているようなソフトであれば動く

ということでした。

 

結果としてインテルよりも安価なAMDで

購入することができました。

 

周辺機器として購入した製品

キャリングケースとしては

ThinkBook 13/14インチスリーブケースを

購入しました。

 

私はパソコンを外に持ってくことがあります。

パソコンをそのままバックに入れるのは抵抗が

あったので購入しました。

 

薄いクッションが内側に合って

派手に落とさなければ大丈夫な感じです。

 

値段は通常価格が2,200円なのですが

2020年8月17日現在では550円で購入可能です。

 

ドッキングステーションも購入してみました。

ThinkPadプロドッキングステーションです。

 

通常価格は26,400円なのですが

2020年8月17日現在では16,381円で購入可能です。

 

購入した理由は現在使っているSurfaceでは

接続するたびにケーブルを抜く作業があります。

 

ドッキングステーションを使うことで

ケーブルを抜く作業から解放されて

電源供給までできるので重宝すると思いました。

 

今後トリプルモニターにする予定なので

接続できるところも多くする必要がありました。

 

電源ボタンもついているので

一度に全部のことができることで効率的になると

考えています。

 

 

操作性について

私は今回初めてLenovoのパソコンを購入して

操作してみましたので操作性について解説します。

 

パソコンの初期設定は画面に沿ってできますので

簡単楽ちんでした。

 

初期設定で指紋センサーへの登録が必要です。

指紋センサーの指紋認証で開いてみたとこと

かなりスムーズにデスクトップ画面になりました。

 

キーボードの手触り感はボタンを押している感があり

打ちやすいと思います。

 

Surfaceと比べると手触りはSurfaceの方が

私は好みではありますね。

ここら辺は好みが分かれるところだと思います。

 

ThinkPadというとキーボードの真ん中にある

赤いボタンが印象的です。

 

トラックポイント・センターボタンと呼ばれますが

操作に慣れが必要かなと思いました。

 

自分の思った通りに動かすには

キーボード下に配置されているマウスパッドの方が

操作はしやすいかと思いますね。

 

ただ、一気にマウスポインターを動かしたい!

という場合にはトラックポイントが便利だと思います。

 

 

 

画面の見やすさについてはきれいだと思います。

上記では書きませんでしたが私は今回

セキュリティフィルターを貼っています。

 

そうすると若干、画面が暗くなる印象はありますね。

セキュリティフィルターの性質上どうしても

光が反射するような感じなので仕方ないと思います。

 

ちょっと気になる点としては

fnキーとctrlキーの位置が今まで使っていた

パソコンのキーボードと逆になっている点です。

 

私はプラウザを閉じるときに

ctrl+wで閉じることが多いのですが

このときにfnキーを押してしまうことがありますね。

 

ちょっとした配置の違いなのですが

この部分は慣れが必要になると思います。

 

ビジネス用としてみたThinkPad X13

私がパソコンを購入する理由は事業で使うためです。

ビジネス用から見たThinkPadを考えてみます。

 

私がパソコンで重視したいのは次のとおりです。

①持ち運ぶので重量とサイズ

②起動する速さ

③処理の速度

④長時間使うのでバッテリー

⑤目が疲れない画面

 

今回購入したThinkPad X13 Gen1(AMD)は上記を全て

満たすことができました。

 

サイズは13.3インチなので持ち運ぶときに

バックにすぐに入ります。

重量は1.39Kgくらいなので特段の重さは感じません。

 

起動する速さはやっぱり速いですね。

指紋センサーでさらに楽になったと思います。

 

処理速度もSSD512GBとなっているので

申し分ない感じです。

 

バッテリーは最大で13.9時間持つようなので

外出したとしても問題はないと感じます。

 

画面もきれいなので目が疲れることはあまりなさそうです。

 

それと13.3インチでは小さいのではないかと

思われるかもしれませんが

1920×1080となっているので小さいとは感じません。

 

むしろ丁度良い画面サイズであると思いますね。

 

以上の点からビジネス用としても使える

パソコンであると思います。

 

 


編集後記

コロナ禍でジムを退会したので運動不足となり

最近は自転車で事務所まで通っています。

 

運動できて満員電車でコロナを心配する

必要がないので精神的に楽です。

 

流石に訪問するときや事務所へ来られる人が

ある場合には自転車通勤はできませんが

過度な運動をするつもりがないので十分です。

 

 

では税理士・行政書士の齋藤幸生でした!!

それでは、また!

 

youtube始めました!
税理士さいとうゆきおチャンネル

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所 齋藤 幸生ホームページ

 

この記事は、その時の状況、心情で書いています。
また、法令に関しては、その後改正された場合には、
異なる取り扱いになる可能性があります。

 

 




ABOUT US

齋藤 幸生税理士・行政書士・経営革新等支援機関・ブロガー
都内税理士事務所にて7年間の勤務後独立。 2017年に税理士として独立後は建設業、フォワーディング業、IT業に特化した税務を行っています。また財務支援として資金繰り支援(会社の資金繰りと資金調達支援)を行っています。行政書士としては建設業許可、利用貨物運送事業の許可業務に特化しております。