自主テレワークでの変更点と追加で購入したもの




自主テレワークでの変更点と追加で購入したもの

こんにちは!

 

税理士・行政書士の齋藤幸生です!

 

今回は・・・

自主テレワークでの変更点と追加で購入したもの

について備忘録の記事です。

 

自主テレワークを4月2日から始めて

ちょっとずつ変更してきたことをまとめます。

 

それでは、スタートです!!

 

自主テレワークでの変更点

自主テレワークを始めて変更したことは

事務所へ週2日くらいは行くことになったことです。

 

全く事務所へ行かないようにするというのは

できないことが分かりました。

 

理由は郵便や資料が事務所に置いてあるからです。

流石にポストを放っておくことはできません。

 

あと事務所に行くとなぜか事務所でしかできない

お仕事が依頼されるという不思議なことが起こります。

 

お仕事をやることは自宅でも全く問題ないですが

事務所と自宅を往復するときに資料の紛失が怖いので

必要最低限を持ってきて仕事をやっています。

 

なので一度事務所に行って仕事をやると

仕事が非常にやりやすいですね。

 

一人で事務所運営をやっていることもありますが

誰にも気を遣わずに仕事ができる環境が非常に

ありがたいことに気が付きますね。

 

 

自主テレワークで追加購入したもの

自主テレワークをするにあたって追加で

備品を購入してみました。

 

購入したものは次のとおりです。

・デスク

・イス

・キーボード

・マウス

・モニター

・PCスタンド

 

以上のようになりました。

 

自主テレワークをするにあたって

リビングのテーブルでやっていたのですが

仕事にならなかったからです。

 

デスクを購入して仕事をやってみたところ

非常に快適でした。

 

イスについてはダイニングチェアーでしたが

ずっと座っていると疲れました。

 

ですからオフィス用のイスを購入してみました。

長時間座っていても非常に楽ですね。

 

 

 

それからPC周りの備品です。

モニターは流石に事務所から持ってくることが

難しいので新しいものを購入しました。

 

自主テレワークが終わったときに事務所へ

持って行くことができるからです。

 

キーボードやマウスは落ち運びはできますが

面倒なので購入しました。

 

PCスタンドは首が痛くなるので

PCと目線を合わせようと思いました。

 

要するに事務所と同じ状況を作り出して

仕事をする環境を整えたということです。

 

コロナ渦中での関与先対応

最後に関与先への対応ですね。

現状では関与先ごとに対応が違います。

 

コロナ蔓延する前と同じで訪問スタイル

Skypeに移行することになるところ

時差訪問するところなど様々です。

 

私から訪問に関してお願いをしたところは

一つもありません。

 

関与先により危機感は違いますし

規模が違いますので対応もそれぞれです。

伺わないとどうしようも無い場合もありますね。

 

ただ流石にお互いマスクをつけて会話をする

といった最低限のマナーを持って面談をしています。

 

 


編集後記

先日、久々にスマホを落としました。

バリッという音が聞こえたので心配しましたが

ディスプレイに張っていたガラスフィルムが

割れるだけで事なきを得ました。

 

iphoneの場合には画面を割るとそのまま

全体にヒビが入るのでそこまでではなく良かったです。

 

念のため修理を調べてみたら

1週間くらいかかるようですね。

 

その間ずっとスマホを使えないというのは

ちょっと厳しいですね。

 

 

では税理士・行政書士の齋藤幸生でした!!

それでは、また!

 

youtube始めました!
税理士さいとうゆきおチャンネル

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所 齋藤 幸生ホームページ

 

この記事は、その時の状況、心情で書いています。
また、法令に関しては、その後改正された場合には、
異なる取り扱いになる可能性があります。

 

 




ABOUT US

創業・起業支援、税務調査に特化した新宿区の税理士です! 今までは、海外から日本へ進出する会社様の創業・起業支援を行ってきました!また、外国法人や外国法人の子会社の税務調査に対応してきた知見(国税局・特別国税調査官・通常の調査官への対応経験)を生かして税務調査対応も支援しています! ブログの運営方針は、0to1になるような情報発信をしていきます!