【アントマン&ワスプ】映画レビューをしてみた!ネタバレ注意!!




アントマン&ワスプの世界

先日、アントマン&ワスプを見てきました。

その映画レビューをしてみたいと思います。

一応念のため、ネタバレ注意!!です。

 

アントマン&ワスプの世界は、

アベンジャーズのシビル・ウォー/キャプテンアメリカ

にアントマンが参加した後から、

 

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーで

インフィニティストーンでサノスに人々が

消されるまでの間でのアントマン側で

起こったことを描いた映画となります。

 

ですから、アベンジャーズを見ていないと

なんで人が消えるんだ?的なことになり、

ちょっと意味が分からないところがあります。

 

アントマン&ワスプの最後のシーンが

気になるという方は、アベンジャーズも

見てみてはいかがでしょうか?

 

 

見どころはどこか?

さて、アントマン&ワスプの見どころは?

というと、

 

派手なアクションは当然ありません。

アベンジャーズに比べればですが、

どちらかというと家族愛が見どころかなあと

私は思っています。

 

初代アントマンのハンク・ピム博士と

その娘ホープ側では、妻であり、母親である

初代ワスプを探すために研究を続けていますし、

 

逆に2代目アントマンのスコットは、

ソコビア協定違反で自宅軟禁されながら、

娘との時間を大切にしています。

 

 

そういった中で、

量子の世界に行くことができるようになり、

その技術をアントマン側含めて、

3者の勢力で競合してしまうというストーリーです。

 

ザ・アメリカ映画のごとく、

悪は裁かれ、救われる人は救われるという

ご都合主義的な映画なのですが、

 

その中でも小さくなったり、

大きくなったりする表現は流石です。

 

3D/IMAXで見ていたのですが、

2Dで見るよりも迫力があり、

3Dで見ることを前提に作られたのかな?

と思ってしまう表現法方法です。

 

特に、小さくなった時の表現、

家具、電気など通常の備え付けてある

備品関係が小さくされていて、

 

目新しく思える表現方法だと

私には思えました。

 

アントマンを見ていれば・・・

ここまで書いておいてですが・・・

 

私はアントマンを見ていません。

アントマン&ワスプを見ていて、

一番の後悔はアントマンを見ていないことです。

 

熱が冷めないうちにAMAZONで

見てみようと思っています。

 

ただ、冒頭でも書いた通り、

アベンジャーズを見ていたので、

世界線で混乱することはありませんでした。

それが唯一の救いかもしれません。

 

アントマンとアベンジャーズ

マーベル映画なので当たり前ですが、

かなり接点がある両社です。

 

ですが、それぞれでの主人公や

戦っている世界が異なるので、

考えや内容、戦うものも違います。

 

一方だけを見ればいいのでなくて、

両方見ることで楽しさ2倍、3倍になるという

おいしさがあると感じています。

 

さて、アントマンを今週中には見なければ・・・

 

 


編集後記

今日は午後の研修でつぶれます。

仕事は午前中にやることで精いっぱいです。

 

自分でやる新規事業の構想と

調べものがだいたい終わりました。

 

匿名でネットビジネスやるので、

詳細は明かせませんが、税理士業務と

同じくらいは稼げたらいいかなあと思っています。

 

 

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所ホームページ

 

この記事は、その時の状況、心情で書いています。
また、法令に関しては、その後改正された場合には、
異なる取り扱いになる可能性があります。

 

 




ABOUT US

齋藤 幸生税理士・行政書士・経営革新等支援機関・ブロガー
都内税理士事務所にて7年間の勤務後独立。 2017年に税理士として独立後は建設業、フォワーディング業、IT業に特化した税務を行っています。また財務支援として資金繰り支援(会社の資金繰りと資金調達支援)を行っています。行政書士としては建設業許可、利用貨物運送事業の許可業務に特化しております。