体験してみることは年齢に限らず大切!体験することで新鮮な気持ちを思い出す。




iphone8にて撮影!

体験してみることは年齢に限らず大切

年齢を重ねていくうちに、新しく体験することが

少なくなっていきます。

そういったことが原因なのか、年齢による経験を

積んでいくことが原因なのかはわかりません。

 

しかし、何かを体験しても感動が薄くなることが

多くなっていって、あれ?ということがあります。

 

ふと思うと、子供のころはもっと感動的に

感じたことがなくなっていってます。

 

だからかもしれませんが、そういったこともあり

体験したことを体験したと感じなかったり、

体験してみようとも思わなくなってしまうことが

起こるのかなと思います。

 

体験することで新鮮な気持ちを思い出す

私は、税理士試験中は試験だけに集中していて

他のことには目もくれず試験勉強をしていました。

そのせいもあり、独立した今、色々体験したいと

思っています。

 

まあ、ブログのネタ集めもできて一石二鳥で、

自分の時間を使っていると実感できて、

何かを体験することで、新鮮な気持ちを

取り戻そうと考えることもできます。

 

サービスメニュー

 

しかし、やみくもに体験してもしょうがないです。

どのような体験が良いのかを考えるときに、

参考となるのは、身近なものです。

 

私で言えば、PCの買い替え、設定、新しいアプリ

といったことを体験しようとしています。

そのほかであれば、私のライフワークである

音楽についてです。

 

新しい機材、編曲のやり方といったことも

新しい体験です。

加えて、バンドの動画編集もしているので、

それにはまっていたりもしています。

 

要するに、趣味となるものを体験するのが

良い体験になるのではないかと思います。

 

やらないことに挑戦してみる

ただ、マンネリ化してしまうことが

ありますので、やらないことに挑戦を

してみることも必要かなと思います。

 

これがかなりハードルが高いです。

何もやっていない人が、いきなり

野球を始めることを考えると

わかると思います。

 

ですから、ワンクッション置く必要があります。

私は、税理士となってから野球を始めました。

もちろん野球経験ゼロでどうしようかなと

思っていました。

 

最初は、バッティングセンターに行って

打つことから始めました。

守備につくことは考えられなかったからです。

加えて素振りも始めました。

 

つまり、本格的な練習をする前に

遊びというワンクッション置くことで、

継続できています。

 

やらないことに挑戦することで、

問題なのが、継続できなくなることです。

せっかく挑戦したのに、継続できなくなるのは

もったいないと思います。

 

体験と生き方

これからは、楽しめることがひょっとしたら

新しい職業になる可能性があります。

また、仕事だけに人生を使うのは

もったいないのです。

 

自分の時間をどういったことに配分して

何に使うのかを考えて指示をだすボスは

自分自身だからです。

 

 


編集後記

今日もオフです。

明日、スタジオで録音なので、

本格的に練習しなくては!

 

司法書士学習日記

本日休みにします。

 

twitterやっていますので、
フォローをお願い致します。
(フォロー返します!)

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所ホームページ

 

 

サービスメニュー

 




ABOUT US

齋藤 幸生税理士・行政書士・経営革新等支援機関・ブロガー
都内税理士事務所にて7年間の勤務後独立。 2017年に税理士として独立後は建設業、フォワーディング業、IT業に特化した税務を行っています。また財務支援として資金繰り支援(会社の資金繰りと資金調達支援)を行っています。行政書士としては建設業許可、利用貨物運送事業の許可業務に特化しております。