税務調査と確定申告、確定申告期間には税務調査がないと言われているけれど・・・




以前からの悩みとして線だらけになる
ということなんですよね・・・

税務調査と確定申告

税務調査は1年中行われています。

しかし、確定申告期間には、

通常、税務署挙げてやっているので

税務調査官も確定申告のヘルプを

やっている場合が多いです。

 

基本的には、税務署の提出の

窓口には、非正規の職員がいて

正規職員からの指示を受けて

やっている資料の確認といった

受付事務を担当しています。

 

正規職員は、確定申告会場にて

納税者対応になっています。

 

したがって、通常は法人部門の

職員が個人課税についての

相談を受けながらやっている

場合もあるのです。

 

 

確定申告期間には税務調査ない?

よく巷で言われているのは、

上記のようなことがあるから

税務調査はないということです。

 

私の経験上では、あります。

2月下旬くらいを設定して来たり、

3月中旬以降を設定してきたり、

色々あります。

 

つまり、確定申告期間に税務調査がない

ということは誤っています。

 

ちなみに調査の連絡をしてきたのは、

特別国税調査官(特官)と

管理部から調査部に異動してきた

ばかりの中堅の職員や

通常の職員もいました。

 

ちなみに、税務調査が実際にできるのか?

というと、日程を変更して行います。

というのは、税務調査に税理士事務所が

対応できないからです。

 

2月下旬を設定されると、12月決算に

影響が出ます。

3月中旬を設定されると、

確定申告の残務処理ができません。

 

受けられないということが、

分かっていながら連絡して来て

いるのは間違いないです。

 

あくまで連絡を早めにして、

日程変更ありきで税務調査を

行うことになります。

 

 

結局税務調査官しだい

さて、上記の様に確定申告期間も

税務調査は行われます。

ただ、ご都合主義的なことが

あります。

 

調査官によって連絡がない

ということです。

 

現在、私は昨年に調査を受けた

案件の返答を保留されたままに

なっています。

 

余りにも返答がないので、

電話で確認したところ、

確定申告のヘルプに入っている

らしく資料もまともに見れて

いないとのこと。

 

しょうがないので、決算月までに

結論を出すようには言いました。

実際に実行されるかは不透明です。

 

この様に、調査官のスケジュールに

よっては、対応に差がでます。

結局は調査官しだいです。

 

 

まとめ

確定申告期間でも税務調査が

ないとは言えません。

税理士は備えないといけません。

 

しかも、調査官にしだいという

ことになりますので、

かなり面倒です。

 

税理士も他の仕事を抱えながら

やっていますので、日程変更は

やむなしだと思います。

それに日程変更はできます。

 

必ずしも、調査対象者の日程変更

だけを聞いているわけではないです。

 

 


編集後記

今日は国税局の無料相談です。

本日を含めてあと2日です。

駆け込みでの相談が予想されます。

 

 

司法書士学習日記

遺言と問題演習

 

twitterやっていますので、
フォローをお願い致します。
(フォロー返します!)

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所ホームページ

 

 

 




ABOUT US

創業・起業支援、税務調査に特化した新宿区の税理士です! 今までは、海外から日本へ進出する会社様の創業・起業支援を行ってきました!また、外国法人や外国法人の子会社の税務調査に対応してきた知見(国税局・特別国税調査官・通常の調査官への対応経験)を生かして税務調査対応も支援しています! ブログの運営方針は、0to1になるような情報発信をしていきます!