スポンサーリンク




ギター練習をスタジオでやってみよう!

スポンサーリンク
ギター
スポンサーリンク
スポンサーリンク

家でアンプは無理です(汗)
ヘッドフォンになってしまいます。
できればスタジオで練習が一番です!

ギター練習をスタジオでやってみよう!

ギター練習は家ですることも可能ですが、
アンプを通して大音量で練習することは
通常不可能です。

 

そこで、スタジオで個人練習に申し込ん
でみましょう!

 

現在のスタジオは、前日の夜から当日まで
といった形で個人練習の予約ができます。

 

ですから、スタジオが混んでいる時間帯
ですと取れない場合があります。

料金は、1人だと648円/1時間ということに
なっているので、2時間くらいを目安に
練習時間を確保してみてください。

 

3時間とかじゃダメなの?と時間に疑問が
出てくると思いますが・・・
正直飽きます。

私の経験則では、1時間だと短く、2時間だと
ちょっと長いかなというイメージです。

 

スタジオによっては、30分単位で貸して
くれるところもあると思いますので、
検索してみるといいと思います。

 

 

スタジオでは無料オプションがある

スタジオでは無料オプションがあります。
例えばアンプです。

おいてあるアンプはスタジオによりますが、
Marshall、Hughes&Kettner、VOX、Fender
といったあたりはおいてあるのでは
ないかと思います。

 

ハイエンドアンプなども置いてある場合が
あるので、試奏目的でもスタジオを借りて
演奏してみるのもありだと思います。

 

また、エフェクターも無料です。
オーバードライブ、ディストーション
コーラスなど色々試すことができます。

アンプとの兼ね合いを知りたい場合など
でも利用できますので、借りることも
選択肢になるのかなと思います。

 

スタジオでしかできない練習もある

スタジオですと大音量で演奏しても
問題ないです。当たり前ですが・・・

何が言いたいのかというと、演奏では
色々な違和感があるものです。

 

例えば、大音量に慣れていない、
ドラムが入ると違和感がある、
ベースの音量がデカいないど・・・

色々ストレスになるときがあります。
これは、耳が慣れていない、
場所に慣れていないといったことが
原因の場合が多いです。

 

ですから、場数を踏むことでしか、
どうにもならないことになります。

私は最初スタジオにバンドで入った
ときに、違和感がハンパなく、
演奏しているのに演奏していない
ような感覚になっていることが
ありました。

 

また、大音量に耳を慣れさせることは
バンドの演奏になったときに違和感を
取り除くことにもなりますので、
スタジオでの個人練習はお勧めです。

 

まとめ

個人練習でスタジオに入って練習して
みましょう!

大音量での演奏に慣れることも必要です。
耳が慣れていないと違和感があるので
ストレスになります。

ストレスを起こさないためにも、
スタジオでの練習は効果があります。

機材の無料レンタルもできますので、
気になった機材はレンタルして
使ってみるといいです。

個人練習だと家ではできない音量で
演奏できます。
間違った演奏をしても自分の世界に
入れますので瞑想感覚でやってみる
ことをお勧めします。

 


編集後記

昨日は、専税協議会という任意団体の
定期総会に出席しました。

滞りなく広報委員長になることができ
良かったかなと思います。

今後は、専税協議会が発行する機関誌の
企画や運営を任されることになります。

色々経験できる役職でもあるので、
経験したいと思います。

 

最後まで読んでいただいてありがとう
ございました。

Facebook,google+,twitterやっていますので、
パソコンの方
ヘッダー右下のフォローの横にある
アイコンで!
スマホの方
フッターのアイコンで!
フォローをお願い致します。
(フォロー返します!)

ギター ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
齋藤 幸生をフォローする
スポンサーリンク
問題解決を後押しする西新宿のLiens税理士事務所 齋藤幸生