ASUSのモバイルUSBディスプレイを購入して事務所に設置してみた!




ASUSのモバイルUSBディスプレイを購入して事務所に設置してみた!

こんにちは!

 

税理士・行政書士の齋藤幸生です!

 

今回は・・・

ASUSのモバイルUSBディスプレイを

購入して事務所に設置してみた

備忘録の記事です。

 

・購入したASUSのモバイルUSBディスプレイ

・どのように使っていくか?

・ASUSを賢く購入する方法

についてわかる記事です。

 

久しぶりにガジェット系の記事になります。

それでは、スタートです!!

 

 

購入したASUSのモバイルUSBディスプレイ

購入したASUSのモバイルUSBディスプレイは

MB169B+です。

次のような使用になっています。

・15.6型ワイド(1,920×1,080ドット)

・IPSパネル

・視野角水平160°、垂直160°

・最大輝度200cd/㎡

・コンストラクト比700:1

・最大表示色約26.2万色

・USBポート

・薄さ8.5mm

・軽さ約800g

 

購入したいきさつとしては

・自宅に持ち帰った仕事でセカンドディスプレイが欲しい

・事務所に来たお客様への画面の共有時に活用したい

・持ち運べる重さが良い

・USBですぐに使うことができる

以上のような考えから

モバイルUSBディスプレイを

購入対象としていました。

 

購入して本日が2日目となりまして

本日までに使ってみた感想ですが

 

使っているX13と同じような画面なので

画面を見比べたときに違和感がない

 

USBから電源供給なので

PCに接続するだけで簡単に使うことが可能

 

ワイド画面なので現在のPC環境にあっている

ということが分かりました。

 

ただ実務上としては会計ソフトを使うと

表示されない箇所があるので

 

左右のスクロールが必要なので

ちょっと不便さも感じました。

 

現状で不便さを感じたのは

会計ソフトのみですね。

 

因みに、スクロールが必要なのは

マネーフォワードと弥生になります。

(上記以外の会計ソフトは使っていません。)

 

画面の操作でスクロールできないことで

不便さを感じるのはマネーフォワードのみです。

 

弥生会計は上下のスクロールになりますが

基本的にはスクロールせずとも使えるので

不便さは感じません。

 

税務ソフトも使ってみたところ

スクロールは上下スクロールのみで

使い方に支障はなかったです。

 

エクセルも開いて試しました。

スクロールは上下左右必要ですが

通常のモニターでも必要なので

違和感は感じません。

 

本日自宅から運んできましたので

重さを感じるかというと

感じませんでしたね。

 

バックに入る大きさですし

重さが800gなので感じることがないと思います。

 

単体で持ってみても

軽いなあ~と感じる重さです。

 

 

どのように今後使っていくか?

仕事用での持ち運び

今後考えている使い方は持ち運びです。

私は事務所と自宅でお仕事をするので

PCと一緒にバックから取り出して

すぐ使うことを考えています。

 

実際、本日自宅から持ってきて

設置を行ってみたところ

 

テーブルのレイアウト変更が

必要になりましたが

簡単にトリプルディスプレイにできて

非常に手軽に設置できました。

 

単体で設置することこんな感じです!

 

 

 

 

 

 

お客様への説明のときに使用する

事務所では応接用のテーブルがあります。

大きくはないのですがそこに乗せて

対面での説明に活用しようと考えています。

 

今までだとすでにあるディスプレイでの

説明でした。

 

画面は大きいのでお客様が不快な思いは

されていないと思いますが

 

首をずらしたりする必要がありまして

ちょっと気になっている部分でした。

 

こちらを改善できると考えたのが

モバイルUSBディスプレイです。

 

レノボのドックにそのまま

USBを接続して応対が可能になるので

今後使ってみてお客様の感想を聞いて

実用化したいと考えています。

 

こんな感じで面談用に使いたいと思います!

 

 

ASUSを賢く購入する方法とは?

今回購入したASUSのモバイル

USBディスプレイですが

値段は30,800円でした。

 

実店舗での購入だったので

定価での購入となりました。

 

値段を安く、賢く購入する方法は

ネットでの通信販売が良いと思います。

 

楽天市場だと27,598円で購入することができます。

ネットは人件費がかからないので

その分値段を安くできます。

 

ASUS ポータブル 液晶ディスプレイ MB169B+

 

 

実際に見て購入を検討したい場合には

実店舗に行ってどんな感じなのかを

見てから通信販売で購入するのもありです。

 

ではなぜ私が実店舗で購入したのかですが

・すぐに使ってみたかった

・運送会社とのやり取りがなくなる
(受け取れなかった場合)

・実際の画面を見てみたかった

ということがあります。

 

特に画面の大きさ、光沢は

見てみないと感じが分かりませんので

実際に見る必要がありました。

 

急いでいなければ実店舗で見て

そこから通信販売で購入するのが

お財布に優しい購入だと思います。

 

 


編集後記

昨日購入して開封作業をしたところ

実店舗であったはずのモニターを

設置するカバーがなくて焦りました。

 

実は、本体とは別の箱の中に

カバーが入っていて気が付かなっただけでしたが

気が付かないと

 

あれ?画面だけでどうやって使うの?

となってしまって一瞬別売りか?

といった疑念がわくことになりましたね(笑)

 

モニターを立たせるカバーは

持ち運び用のバックにもなっており

2つの機能を持ちますので便利です。

 

通常のモニターだと設置したら

ずっと置きっぱなしになるので

自宅だとちょっと問題です。

 

しかしモバイルディスプレイは

使い終わったらしまうことができて

テーブルからいなくなるので

場所を占有することがないです。

 

この点もモバイルディスプレイの

良いところだと感じました。

 

 

では税理士・行政書士の齋藤幸生でした!!

それでは、また!

 

youtube始めました!
税理士さいとうゆきおチャンネル

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所 齋藤 幸生ホームページ

 

この記事は、その時の状況、心情で書いています。
また、法令に関しては、その後改正された場合には、
異なる取り扱いになる可能性があります。

 

 




ABOUT US

齋藤 幸生税理士・行政書士・経営革新等支援機関・ブロガー
都内税理士事務所にて7年間の勤務後独立。 2017年に税理士として独立後は建設業、フォワーディング業、IT業に特化した税務を行っています。また財務支援として資金繰り支援(会社の資金繰りと資金調達支援)を行っています。行政書士としては建設業許可、利用貨物運送事業の許可業務に特化しております。