会社のお金が無くなったときどこから借りるのが良いのか?




会社のお金が無くなったときどこから借りるのが良いのか?

こんにちは!

 

税理士・行政書士の齋藤幸生です!

 

今回は・・・

お金の工面についての記事となります。

 

事業では常にお金が必要です。

ですからお金を回していくという表現さえ

存在します。

 

社長さんはお金が足らなくなると

色々なつてを頼って資金を工面することが多いです。

 

このときにどういった工面の方法があるのか

借りる人の順番などを解説していきます。

 

それでは、スタートです!!

 

お金を借りるときの順番

お金を借りるときに頼る順番は次のとおりです。

 

①自己資金

②金融機関

③消費者金融

④親族

⑤赤の他人

 

通常は③まででにっちもさっちも行かなくなり

廃業を選択することが多いです。

 

税理士をやっていると急に音信不通となり

廃業することすらせずに夜逃げしてしまう

社長さんもいらっしゃいますね。

 

迷惑をかけない範囲内で事業を行うとすれば

③までで、④以降の人たちに頼ると通常は

ろくなことがありません。

 

過去では親族や親しい友人に連帯保証人になってもらい

借入を行うことがありました。

 

しかし、当の本人が夜逃げして連帯保証人に

返済義務が生じて親族や親しい友人の人たちが

自己破産するといったことが多かったようです。

 

社長さんとしては事業を継続したいことは

理解しますが人に迷惑をかけるところまで

事業を継続してしまうことは身を滅ぼします。

 

下限を設定して置くことで

これ以上はやらないと決めておくと

それ以上は追わないことができます。

 

 

 

保証協会の制度を知っておく

上記を踏まえて保証協会の制度を知っておくと

お金の工面のときに役に立ちます。

 

保証協会は中小企業などが銀行からお金を

借入するときにその借入の保証を行います。

 

このときに保証料を支払うことになりますね。

この一連が保証協会をかませた融資制度です。

 

ところが保証制度を使っても銀行が

貸してくれない場合があります。

 

これは保証協会付の融資を知っていると

疑問を解決できます。

 

保証協会は責任共有制度になっています。

保証協会と金融機関で責任共有をしましょう

という制度です。

 

現在はこの責任共有制度によって

保証協会は運営しています。

 

 

 

責任共有制度には2つに分けられています。

①部分保証方式

②負担金方式

です。

 

部分保障方式は保証協会が行う保証は

80%まで保証し、20%は金融機関が負う

という制度になっています。

 

こちらの保証となってしまう場合には

金融機関が貸してくれることはないです。

 

なぜなら金融機関はリスクゼロで

貸付を行うことを前提に事業を運営しているからです。

 

もう一方の負担金方式だと

100%保証を保証協会が行います。

 

なお、これでも20%の負担金が

金融機関に発生することになります。

 

ただこちらは会社が倒産したりしなければ

負担は生じないことから金融機関も

受け入れやすい融資となります。

 

さらに上記とは別枠で

原則100%保証してくれるものがあります。

 

セーフティネット保証などです。

 

現在新型コロナウィルス感染症よる

セーフティーネット貸付があります。

 

金融機関からの営業を受けている

事業者さんは多いと思います。

 

理由は金融機関におけるリスクがゼロだからです。

保証協会が100%保証してくれるので

金融機関は会社が倒産しても大丈夫と高をくくっている

という状況です。

 

まとめると

保証協会は3つの保証制度になっています。

 

①部分保証方式

②負担金方式

③セーフティーネットなどの特別枠

 

基本的には金融機関から借りやすい制度を見つけて

それを当てはめた借入実務を行うことで

資金の工面を行うことができます。

 

 

最終的な責任は自分でとること

お金を借りるときには最終的な責任は

自分で取ることが必要です。

 

冒頭に戻りますが

お金は基本的に他人に頼ってはいけません。

 

私が勤務時代に担当先の社長さんから

所長にお金をしてくれるよう頼んでくれないか?

という依頼を受けたことがあります。

 

私は断りました。

 

顧問を引き受けている税理士事務所が

顧問先へお金を貸すといったことは

正常な状態ではないからです。

 

この様にお金に追われると正常な判断が

できなくなってきます。

 

正常な判断ができなくなるからこそ

他人に迷惑をかけるような借入をすることが

出てきます。

 

どうなっても自分で責任を取るという

強い責任感がお金の工面では必要なのです。

 

 


編集後記

今日は3月決算の準備に入ろうかと思います。

色々と資料が整ってきたからです。

 

あと半月で仕上げないといけませんので

キチンとスケジュールを組んでやりたいと思います。

 

 

では税理士・行政書士の齋藤幸生でした!!

それでは、また!

 

youtube始めました!
税理士さいとうゆきおチャンネル

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所 齋藤 幸生ホームページ

 

この記事は、その時の状況、心情で書いています。
また、法令に関しては、その後改正された場合には、
異なる取り扱いになる可能性があります。

 

 




ABOUT US

創業・起業支援、税務調査に特化した新宿区の税理士です! 今までは、海外から日本へ進出する会社様の創業・起業支援を行ってきました!また、外国法人や外国法人の子会社の税務調査に対応してきた知見(国税局・特別国税調査官・通常の調査官への対応経験)を生かして税務調査対応も支援しています! ブログの運営方針は、0to1になるような情報発信をしていきます!