ビジネス用ノートパソコンを買い替えようと調べて分かったこと




ビジネス用ノートパソコンを買い替えようと調べて分かったこと

こんにちは!

 

税理士・行政書士の齋藤幸生です!

 

今回は・・・

ビジネス用ノートパソコンを買い替えようと

調べて分かったことについての記事です。

 

きっかけは、surface book3が登場したことで

私の中のパソコン買替熱が上がったからです。

 

それにもうそろそろパソコンを買い替えることを

検討していました。

 

色々調べていて前回のパソコンの買替時には

あまり気にしていなかったことがありましたので

今後の備忘録として記事にしていきます。

 

それでは、スタートです!!

 

ビジネス用パソコンでのスペック

ビジネス用パソコンでのスペックを考えると

私は最終的に次のようなノートパソコンに

落ち着きました。

 

core i7、windows10、10世代core iシリーズ

画面13インチくらい、重量1.3kgぐらいを上限

ということに落ち着きました。

 

私の場合には、持ち運びができることが

前提となりますので、大きさと重量が重要でした。

 

上記のようになった理由を以下説明していきます。

 

CPUについて

今回調べていて分かったことはCPUには

coreとryzen(ライゼン)があるようです。

 

上記は作っている会社が異なります。

coreシリーズはインテル、ryzenはADMという会社です。

 

どちらも半導体の会社ですね。

 

最終的に私がcoreシリーズのi7にした理由は

ryzenだとソフトが動かない可能性がネット情報で

指摘されていたからですね。

 

私は税理士・行政書士としてお仕事をしているので

ソフトが動かないというリスクは減らしたいのです。

 

会計ソフト、税務ソフト、建設業許可ソフトなど

動かないとお仕事ができません。

 

リスクを無くすために選択しました。

 

今後上記のソフトが動くことが確認できれば

ryzenも選択に入れたいと思います。

 

因みに、coreとryzenは性能的にほとんど差が

ないと言われています。

 

windows10について

Macは選択に挙がらないのかというと

挙がりません。

 

なぜならwindowsでないと動かないソフトを

使っているためです。

 

もちろんMacでもwindowsを動かすことが

できなくはないですがコストが上がります。

 

ですから、windows一択となりました。

 

この点、ソフトとコストの問題がなくなればMacも検討します。

 

画面と重量について

画面と重量については重要でした。

冒頭でも申し上げましたが持ち運び前提です。

 

ただ画面が小さければ良いのかというと

そういうことではありません。

 

ダメです。

 

仕事のときに小さいと目が疲れますし

体も疲れてしまいます。

 

あくまでも13インチくらいが丁度よいので

私は13インチくらいで選択しました。

 

重量も重すぎると持ち運びに支障をきたします。

疲れないためにもなるべく軽いものが良いです。

 

 

 

ビジネス用パソコンの調べ方

ビジネス用パソコンの調べ方としては

パソコンを比較できるようなサイトを利用すると

分かりやすいと思いました。

 

私は今回、価格.comを久々に使いました。

 

調べることに使ってみて分かったことは

比較するパソコンを選択して

その後一括して比較できる機能があった点です。

 

この一括比較の機能は非常に便利でしたし

パソコンごとに機能の違いが分かりました。

 

また、性能や機能、スペックから選択して

パソコンを絞って検索することで不要なパソコン検索を

しなくて済む点も調べやすかったです。

 

 

 

ここまではパソコン一括して比較して調べる方法でした。

ここからはスペックなどの調べ方です。

 

今回私が調べていたことはCPU、キーボード

windows10のhomeとproの違いなどを調べました。

 

調べるときには必ずそのままの言葉で探すことが

解決策、知識の欠如を充足するのに役に立ちます。

 

例えば、ryzenであれば、カタカナで「ライゼン」と

検索することもできますができれば「ryzen」として

調べる方が良いかと思います。

 

検索で解決できない人の多くはそのままの言葉で

検索をしていない点にあります。

 

上記のように大きなワードで内容を調べて

さらに疑問点が出てきた場合には

その用語、内容をそのままの言葉で調べる

という方法を繰り返すことが解決への近道です。

 

上記のようになぜ言えるのかというと

私のように情報をネット上に上げている人は

概ね検索に引っかかるように記事を書いています。

 

ですから検索していほしいワードがあるのです。

CPUに関する記事であれば「CPU」という言葉を

必ず入れて記事を作成しますよね?

 

この様にそのままの言葉で検索することが

探したいことを探す近道となります。

 

5Gを考えると購入はちょっと先でも良いかも

ここまで書いておいて申し訳ないのですが

まだ私はパソコンを購入しておりません。

 

理由は5G対応のパソコンが今後出てくるだろうなあ

と考えているからです。

 

スマホも5Gにして、パソコンも5G対応パソコンと

考えるとちょっと購入は待ちという判断になりました。

 

現状のパソコンとどういった差が付いた

スペックになるのかは分かりません。

 

実際にはあまり違いがないかもしれません。

 

ただ5G対応のパソコンのスペックを見て

比較検討することができれば購入の判断材料になると

考えています。

 

 


編集後記

今日は午後から打合せです。

WEBでの打合せとなりますね。

 

緊急事態宣言の出口戦略が検討されているようですが

コロナの第2波があって緊急事態宣言が

また発出されることにならなければ良いなあと思います。

 

 

では税理士・行政書士の齋藤幸生でした!!

それでは、また!

 

youtube始めました!
税理士さいとうゆきおチャンネル

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所 齋藤 幸生ホームページ

 

この記事は、その時の状況、心情で書いています。
また、法令に関しては、その後改正された場合には、
異なる取り扱いになる可能性があります。

 

 




ABOUT US

創業・起業支援、税務調査に特化した新宿区の税理士です! 今までは、海外から日本へ進出する会社様の創業・起業支援を行ってきました!また、外国法人や外国法人の子会社の税務調査に対応してきた知見(国税局・特別国税調査官・通常の調査官への対応経験)を生かして税務調査対応も支援しています! ブログの運営方針は、0to1になるような情報発信をしていきます!