ワイルド・スピード/スーパーコンボを見てきた【映画ネタバレ】




ワイルド・スピード/スーパーコンボを見てきた

2019年8月2日に公開された、

ワイルド・スピード/スーパーコンボを

見てきましたので、レビューとネタバレ記事です。

 

私は、故ポール・ウォーカーが出演していた

ワイルド・スピードが好きで見ていました。

 

ポールがなくなってからは、

迫力不足だったこともあって、

遠ざかっていました。

 

今回は、

The rockのドウェイン・ジョンソンと

トランスポーターのジェイソン・ステイサム

が共演するので見ても良いかなあと思い

久々に、何の情報を得ることもなく見てきました。

 

それでは、スタートです!

 

ワイルド・スピード/スーパーコンボとは?

今回のワイルド・スピード/スーパーコンボとは、

ワイルド・スピードシリーズのスピンオフです。

 

ボブスとデッカードの2人に焦点を当てた作品で、

2人の過去に踏み込んだ内容です。

 

ストーリーは、ありきたりですが、

人間の内臓を溶かす殺人ウィルスが開発され、

デッカードの妹が所属するMI6が

ウィルスを回収に行きました。

 

そこへ、ブリクストンという強化人間に襲撃され、

デッカードの妹であるエージェント・ハッティの

救出がホブスとデッカードに舞い込むところから

展開していきます。

 

まあ、後はお決まりのアメリカ映画の作り方で、

ハッティはウィルスを自分の体内に入れて逃走、

その後、ホブスとデッカードに救出されて、

 

色々あって、ホブスの生まれ故郷サモアに行き、

ハッティの体内のウィルスを取り出し、

ブリクストンと死闘して、勝つ!というストーリーです。

 

派手な車のアクションはなし

さて、ワイルド・スピードと言えば、

派手な車、スポーツカー、アクションが

見どころなのかなあと思います。

 

特にカーアクションが醍醐味ですね。

 

ですが・・・

 

今回はほとんどないです・・・

 

映画を見ていてわかるのですが、

基本的に低速で車を運転して、爆薬で

何とかしている感じですね。

 

純粋なカーアクションを堪能したい人には

ん?ってなる映画です!

 

 

 

 

 

確かに、アクションは今までよりも良いかも

知れませんね。

 

アクションはミッションインポッシブルのような

危ない系のアクションとなっています。

 

ただ、んー、見せ方なんですかね。

 

安いっぽいアクションが多いですね。

 

強化人間のブリクストンはいい仕事しているわけですが、

その時の対戦は、スロー処理されていて、

迫力があまりないなあと思います。

 

つまり、カーアクションとアクション共に

中途半端になっていますね。

 

なんか、ワイルド・スピードって

こんな感じだっけ?という感想です。

 

 

ヒューマンドラマになっている・・・

それと、映画を見ればわかることですが、

今回の映画はどちらかというと、

 

ヒューマンドラマですかね。

 

デッカードはハッティとの不仲になった原因が、

ブリクストンを作った組織によってなされたことを

ハッティが知り、兄弟の絆を取り戻します。

 

ホブスも、ストーリー後半で自分の家族に頼り、

最後の戦いを通じて、家族の絆を取り戻します。

 

ホブスとハッティはいい感じな関係になりますが、

映画では何も起こりません。

 

それぞれの道を選んだのかなあ?とか

色々考えるのですが、よくわかりません。

 

夏映画としては、ちょっと、んーといった

感じの煮え切らない映画でしたね。

 

 


編集後記

今日は民事訴訟法のレポート作成を開始します。

今週と来週で仕上げていきたいなあと思っています。

 

先日、久々にジムに行けたのですが、

ちょっとやり過ぎてわき腹痛になってしまいました。

現在も療養中です(笑)

 

また、ジムから遠ざかってしまします・・・

 

 

ではぼっち税理士の齋藤でした~
それではまた👍

 

youtube始めました!
税理士さいとうゆきおチャンネル

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所ホームページ

 

この記事は、その時の状況、心情で書いています。
また、法令に関しては、その後改正された場合には、
異なる取り扱いになる可能性があります。

 

 




ABOUT US

創業・起業支援、税務調査に特化した新宿区の税理士です! 今までは、海外から日本へ進出する会社様の創業・起業支援を行ってきました!また、外国法人や外国法人の子会社の税務調査に対応してきた知見(国税局・特別国税調査官・通常の調査官への対応経験)を生かして税務調査対応も支援しています! ブログの運営方針は、0to1になるような情報発信をしていきます!