スポンサーリンク




試算表を腐らせないためには、経営に目標を持たせる

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

iphone8にて撮影!

試算表がなぜ腐ってしまうのか?

毎月の月次決算で試算表を腐らせている

会社はありませんか?

税理士側からすれば、説明しているのに

社長は重要性を認識していない。

 

社長側からすれば、税金のために

記帳しているようなものだし、

毎月確認してもしょうがない。

 

よく試算表の重要性で言われるのが

将来見通しを考える(未来会計)

無駄な支出がないか

売上や利益は上がっているか

目標に届かなかった理由は?

などを考える又は分析しよう

ということです。

 

しかし、こういったことに何の

メリットがあるでしょうか?

売上や利益を上げて誰に

喜ばれていますか?

 

社長は従業員から慕われる

ことがありますか?

 

会社からすれば、正直、

上記のことはメリットないです。

税理士の独りよがりとなっている

可能性があります。

 

 

経営に目標を持たせるとは?

そこで、私が提案したいのは、

経営に目標を持ってもらうという

ことになります。

 

例えば、銀行融資に関して一緒に

社長と銀行に行って、銀行から

改善点を聞いてそれを経営目標と

してやっていくということです。

(銀行は嫌がりますが・・)

 

それだけだと目標にならないという

ことであれば、どうすれば、

銀行格付けが上がるのかを

具体的に聞いて、早期経営計画に

落とし込んでやってみるという

こともいいと思います。

 

その時に使ってほしいのが、

McSSという格付けソフトです。

銀行の格付けが出てくるのみならず、

事業計画書の入力でどうやったら

ランクが上がるのかを確認できる

ソフトです。

 

やればわかるのですが、

売上、利益は一切いじらず

事業計画書を作成しても

銀行ランクが上がってしまう

ので、一度試してみてください。

 

 

 

経営目標は実行可能性を高くする

銀行のランク付けはCRDという

データベースで行われています。

これに準ずるソフトがMcSSです。

 

先ほども申し上げましたが、

売上、利益がずっと同じで

現状維持だったとしても

銀行ランクは上がります。

 

ですから、現状維持で良いのです。

例えばこれを経営目標として

していけば、実行可能性を高く

することができませんか?

 

銀行のランク付けをあげて

どうするの?と思われますが、

ランクが上がると保証協会付き

融資ではなく、プロパー融資を

要求できますし、金利が安くなります。

 

そういったことも社長を説得する

材料になります。

 

経営目標のハードルを下げること

これが第一歩で、これを確認するのに

月次決算と試算表の確認が必要

ということになります。

 

また、税理士にとっても、

今までのサービスに追加サービスを

入れられるので顧問料の値上げを

依頼することができます。

 

 

 

まとめ

試算表は目標、目的がなく、

税金だけのためだけに作成している

状態が通常です。

 

経理はすでに付加価値はありません。

マンパワーの業務だからです。

そうではなく、何をもって付加価値を

つけていくのかを考えることが

必要になります。

 

ですが付加価値をつけることは

非常に難しいことです。

 

会社にとってのメリットを

探し続けて、一体何を求めて

いるのかということを

会社と一緒に考えてみることも

必要だと思います。

 

 


編集後記

昨日は、認定支援機関の研修に参加。

無料ですがかなり自分のやっている

ことに近いことを知れたので

サービスメニュが増えそうです。

 

顧問料アップの交渉も今後

やっていきたいと思います。

 

 

twitterやっていますので、
フォローをお願い致します。
(フォロー返します!)

 

税務顧問などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所ホームページ

 

 

ブログ 認定支援機関
スポンサーリンク
スポンサーリンク
齋藤 幸生をフォローする
スポンサーリンク
問題解決を後押しする西新宿のLiens税理士事務所 齋藤幸生