贈与税の配偶者控除には斜め上の注意点がありますよ




今回は贈与税の配偶者控除について紹介いたします。

★贈与税の配偶者控除とは?

贈与税の配偶者控除とは以下の用件を満たした場合の贈与について適用できます。

1.婚姻期間が20年以上

2.ご夫婦で住んでいる不動産又は住むためのお金を贈与する

3.贈与の年の翌年3/15までに不動産に住んでいること又は、住むところを購入して住んでいること

4.その購入した不動産に今後も住み続けること

 

★贈与税の配偶者控除の計算方法

上記の用件を満たすと以下の贈与税の計算になります。

贈与の金額-2,000万円-110万円

要するに、贈与した不動産の金額や不動産を購入するお金が2,110万円までは、贈与税が非課税になるということになります。

 

★贈与税の配偶者控除の斜め上の注意点

ここで、注意点なのですが、贈与税の配偶者控除の適用を受けるためには必ず不動産を取得しなければいけない点です。贈与の検討時点で抜けおける注意点は、不動産取得税です。

これは、不動産を購入したときのみならず、不動産を贈与でされたときもかかってくる税金です。このことを考えておかないと、不動産を贈与したものの予期していないところから不動産取得税という斜め上の税金が降りかかることになります。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

齋藤 幸生税理士・行政書士・経営革新等支援機関・ブロガー
都内税理士事務所にて7年間の勤務後独立。 2017年に税理士として独立後は建設業、フォワーディング業、IT業に特化した税務を行っています。また財務支援として資金繰り支援(会社の資金繰りと資金調達支援)を行っています。行政書士としては建設業許可、利用貨物運送事業の許可業務に特化しております。