【税理士業】使っていた税務ソフトの開発終了したので税務ソフトを変更する




使っていた税務ソフトの開発終了したので税務ソフトを変更する

こんにちは!

 

税理士・行政書士の齋藤幸生です!

 

今回は・・・

私の税理士業としての備忘録の記事です。

 

使っていた税務ソフトの開発が終了してしまったので

今後の対応、調べた税務ソフトなどについて

記録として残しておく記事です。

 

それでは、スタートです!!

 

法人税全表の開発終了

私は2017年に独立してから

法人税全表という税務ソフトを使っています。

 

2020年10月9日に法人税全表のサイトを

確認する必要があってサイトを訪れたところ

 

サイトに

法人税全表開発終了のお知らせ

となっていてびっくりしました。

 

確か20年くらい開発してきたはずなので

老舗のソフトなのです。

 

近年では税務ソフトの種類も増えて

ユーザー数が落ちていたのかな?と

推察します。

 

令和3年3月31日分までとなっており

新規の購入はできなくなっていました。

次の税務申告ソフトを探すことになりました。

 

 

税務ソフトを調べてみた

税務ソフトを開発している会社が

最近増えてきたと思います。

 

ただプロが使うソフトは100%の性能が必要です。

ある程度ではだめなのです。

 

そうなると保守的にならざるを得ないです。

いくら調べても以下の中から選択することになります。

 

NTTデータ:達人

ハンド:魔法陣

エプソン:法人税顧問R4

OBC:申告奉行i8

PCA:PCA法人税

 

上記の中で価格、機能の両方を満たすのは

達人または魔法陣だけです。

 

 

 

達人と魔法陣の比較検討をしてみる

達人シリーズ 価格(すべてスタンダードでDL版にした場合)
法人税の達人 37,100円
消費税の達人 17,100円
内訳概況書の達人 21,900円
減価償却の達人 32,300円
電子申告の達人 36,000円
合計 144,400円(税抜)
魔法陣シリーズ 価格
法人税・地方税 58,000円
内訳書・概況書 28,000円
消費税 19,000円
減価償却 36,000円
電子申告 24,000円
合計 165,000円

 

以上のことから達人の方が安上がりになります。

因みに東京税理士会データ通信共同組合経由で購入すると

6品目以上の導入で6%OFF~で購入できます。

 

 

次の税務ソフトは君に決めた!

最終的には機能、価格の面から達人に移行する

ということで決めました。

 

もともと独立前から達人を使っていたので

機能、サポートはおおむね知っています。

 

操作性も知っていますのでまごつくことは

ないと思いました。

 

ただ達人の場合にはSQLサーバーで

動かすことになります。

 

要するにデータベースを構築して

データベースの中にデータを格納します。

 

一番何とかしてほしいと思っているのが

初期動作です。

 

データが多くなってくると重くなり

リロードがちょっと長くなる傾向があります。

この点は魔法陣の方が優れています。

 

ただちょっと値段がね・・・

ということになります。

 


編集後記

税務ソフトはなかなかクラウド化した商品がなく

基本的にインストール型ソフトになります。

 

プロが使うものはプロが安心して使える

ソフトである必要があると考えています。

 

その点で言えば、今まで開発をしてきた

老舗が開発しなくなるというのは寂しいですね。

2020年一番のショッキングな出来事でした。

 

 

では税理士・行政書士の齋藤幸生でした!!

それでは、また!

 

youtube始めました!
税理士さいとうゆきおチャンネル

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所 齋藤 幸生ホームページ

 

この記事は、その時の状況、心情で書いています。
また、法令に関しては、その後改正された場合には、
異なる取り扱いになる可能性があります。

 

 




ABOUT US

齋藤 幸生税理士・行政書士・経営革新等支援機関・ブロガー
都内税理士事務所にて7年間の勤務後独立。 2017年に税理士として独立後は建設業、フォワーディング業、IT業に特化した税務を行っています。また財務支援として資金繰り支援(会社の資金繰りと資金調達支援)を行っています。行政書士としては建設業許可、利用貨物運送事業の許可業務に特化しております。