ブログで実験してみる!分量を減らして言いたいことを凝縮する練習




ブログで実験してみる!

今回は、昨日からやりだした実験について、

記事としていきます。

 

長編ブログを結構やってきたのですが、

そろそろ短くして、言いたいことだけ

ズバッと!にしてみたいと思ったからです。

 

以前までは、文字数は3,000文字くらいを目安に

やってきていましたが、今回からは2,000字を

目安にやっていこかなあと思っています。

 

それでは、スタートです!!

 

長編ブログの問題点

長編ブログの問題点を考えてきます。

結論はいたってシンプルです!

 

書く方、読む方の両者が大変です!

 

書く法は、長くダラダラと書く場合もあります。

内容が濃ければ良いのですが、

 

いつも濃い内容を書くことができるわけでは

ないので、結構ツライなあと思ったことがります。

 

まあ、言いたいことが多岐に渡れば

派生して書くことで、内容は濃くなりますが、

読み手に分かってもらわないといけないなあと

思うわけですね。

 

最近の自分のブログを考えてみると、

ちょっと色々書いてしまっていて、

伝わっていないかもなあと思いました。

 

こうしたことを踏まえて、

結論として、書き手、読み手が大変なのです。

 

 

短くして簡潔に!

では、短くすることが良いことなのか?

ということになります。

 

それでは意味がないので、

簡潔に!という前提を自分に課したいと思います。

 

何が言いたいのかを明確にして、

根拠と理由が必要です。

 

これからは、根拠と理由を明確にした

記事を書いていきたいと思います。

 

 

 

 

また、文章を短くすることで、

読み手には時間の短縮をすることが

できると思います。

 

今までは、結論まで行く段階としての

文章があったわけですが、

 

そうではなく、結論から逆算した文章に

なって、読み手に優しい文章となるのでは?

と思うわけです。

 

思考をまとめる!

話を変えて・・・

 

書き手である私にとっては、

思考をまとめることができます。

 

意外かもしれませんが、

ブログって書いていると不思議な結論に

なってしまう場合もあるのです。

 

また、自分が意図しない表現が出てきたりして、

その場で思いつくこともありますね。

 

それができているときには、

決まって思考がまとまっている時です。

 

自分で分かっているときにこそ、

そういったことが起こりますね。

 

文章を短くすることで、

書き手、読み手の双方に良いことが

起こるのではないかと思います。

 

 


編集後記

今日は、夕方から訪問です。

会計方面はタッチしないところなので、

完全な税務対応のみです。

 

先日、前の事務所での申告ミスが発覚して、

税金の過払いになっていました。

 

まあ、誰がやったのか、犯人は特定していますが、

税務調査対応もしないといけないので、

ミスはしない方が良いですね・・・

 

 

ではぼっち税理士の齋藤でした~
それではまた👍

 

youtube始めました!
税理士さいとうゆきおチャンネル

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所ホームページ

 

この記事は、その時の状況、心情で書いています。
また、法令に関しては、その後改正された場合には、
異なる取り扱いになる可能性があります。

 

 




ABOUT US

創業・起業支援、税務調査に特化した新宿区の税理士です! 今までは、海外から日本へ進出する会社様の創業・起業支援を行ってきました!また、外国法人や外国法人の子会社の税務調査に対応してきた知見(国税局・特別国税調査官・通常の調査官への対応経験)を生かして税務調査対応も支援しています! ブログの運営方針は、0to1になるような情報発信をしていきます!