税理士の初回相談無料サービスを考えてみた!




税理士の初回相談無料サービス

今回は、税理士の初回相談無料サービスに

ついて考えてみたいと思います。

 

私は独立直後と現在では、

少し無料相談についての考え方が

変わってきていますので、

 

変わった点についても、お伝えしようかなあと

思います。

 

それでは、スタートです!!

 

なぜ初回だけ無料なのか?

現在の私の疑問として、

なぜ初回だけ無料なのか?

という疑問があります。

 

初回無料であれば、ずっと無料でも良いのでは?

と思うわけです。

 

ですが、そんなことは不可能です。

 

というのは、税理士業は、法律上、無償独占ですが、

現実は、無償のボランティアではないからです。

 

そうなると、なぜ初回相談無料サービスをやるのか?

この問題に帰ってきてしまいます。

 

恐らく、初回相談無料で集客を行い、

そこから、契約成立に至ることを願って

やっているのだと思われます。

 

しかし、現実はいかがでしょうか?

 

顧問契約に至った顧問先を分析すると

わかりますが、

 

既存顧客や提携している他士業の先生からの

紹介案件で契約に至っていることが

多いのではないでしょうか?

 

私は、勤務時代に何軒か無料相談を受けて

きた経験がありますが、

 

残念ながら契約に至った人は

ゼロです。

 

初回相談無料サービスに来る人は、

・税理士に依頼する規模ではない

・個人でやれば良いのに法人化している

といった人が多いように思います。

 

つまり、そもそも、顧問料が支払えるのかが

不透明な人が相談に来ることが多いです。

 

それにも関わらず、それも知っていながら、

初回相談無料サービスがいまだに無くならない

現実があるのです。

 

 

無料の人はなぜか顧問契約に至らない

初回相談無料サービスを次のように使う人が

いるので、私は顧問契約に至らないのでは?

と思っています。

 

A税理士に初回相談無料で相談を行い、

大体の大枠と問題点が分かる。

 

次に、B税理士に初回相談無料で、

A税理士の見解をさも、自分が調べたかのように

解説して、セカンドオピニオンをしてもらう。

 

そうして、一番顧問料が安いC税理士に頼む

といった流れができると思います。

 

初回相談無料ですから、特に問題がある

やり方だとは思いません。

 

ですが、本当にこれで良いのかなあ?と

私は思っています。

 

実際に契約に至ったC税理士は良いかも

知れませんが、A・B両税理士を考えると

ちょっといたたまれない気持ちとなります。

 

 

 

 

独立開業した税理士は、

それぞれ独自に経営をすることができますが、

 

初回相談無料サービスは、

お互いの足の引っ張り合いではないか?

と思うわけです。

 

先ほどのC税理士に至っては、

完全な漁夫の利となっています。

 

恐らく、そんなに説明する必要もなく

契約に至ることができるでしょう。

 

C税理士が悪いわけではないんですが、

結果を見ると、AとBのご本人に意味のない

サービスを提供していることになります。

 

結論を申し上げると、

初回相談無料サービスは、

 

集客としての効果はあると思いますが、

契約成立には?がつくサービスだと思います。

 

 

集客と契約を分けて考える

私は、独立当初から、無料相談はしないと

決めていましたし、現在も受けていません。

 

今年ちょっとした手違いで、1件だけ

受ける羽目になりましたが。

 

なぜなら、集客と契約とは違うと

感覚的にわかっていたからだと思います。

 

現在は、感覚的ではなく、

自分の知覚として認識できています。

 

要するに、契約として仕事にしたいのであれば、

自ら集客をするのではなく、

 

契約したいと思っている人が集まっている

ところで、数を打つ方が効率が良いわけです。

 

もっと申し上げると、

集客を行って、売ることに向く事業と

 

ただの集客では、売ることが難しい事業が

それぞれあると思うわけです。

 

例えば、集客に向く事業とは、

小売事業です。

 

商品を取り揃えて、後は集客していけば、

売れる可能性が高まります。

 

例えば、生活用品、食料品の小売は、

集客が命と言っても過言ではないです。

 

では、税理士業はいかがでしょうか?

集客しただけで売れるものでしょうか?

 

言わずもがな、売れません!

 

どちらかというと、税理士が必要という人へ

アプローチするやり方が良いわけです。

 

なぜなら、食料品などの小売業のように、

みんなが必要なサービスではないからです。

 

必要としている人に向けたサービスを

必要の都度、提供することに向いているのが

税理士業だからです。

 

初回相談無料サービスは、集客というゴールは

満たすことができると思いますが、

 

最終的なゴールである契約へは、

条件、前提共に充足しないサービスだと思います。

 

 

ぼっち税理士の考え方の変化

さて、ここから、エクストラの記事です。

読んでも読まなくてもどっちでも良いです。

 

私は、独立当初、

初回相談無料サービスを苦々しく

思っていましたね。

 

なぜなら、より規模のある税理士事務所しか

できないことだと思ったからです。

 

というのは、独立していくら暇だと言え、

無料だとしても、人と会うことにはお金が

かかってしまうことになります。

 

私の場合、自宅兼事務所ですから、

基本的に外で会うことになります。

 

契約に至らない人に時間とお金の両方を

捧げることが嫌だったのです。

(ですから、やりませんでした)

 

逆に、規模がある税理士事務所だと

事務所があって、お茶くらいは出します。

 

ですから、羨ましかったのかも

知れませんね。

 

では、今現在はどう思っているのかというと、

初回相談無料サービスをやっている先生は

大変だなあと同情します。

 

なぜなら、契約に至らないケースが多いのに、

それにも関わらずにメニューに書いているので

やらないといけないわけです。

 

時間、お金、知識もフル動員して、

何の成果も得られないことをやっていることに

大変だなあと思います。

 

つくづく、初回相談無料サービスはやらなくて

良かったと思うわけです。

 

独立当初から今まで継続してきた中で、

一番良かったことが、

 

初回相談無料サービスをしなかったことだと

考えています。

 

 


編集後記

今日は、午後から顧問先へ訪問です。

午後とはいっても15時からなので、

夕方ですかね。

雨が落ち着いていると良いのですが。

 

今日は、午後から事務所へ向かおうかなあと

ボソッと言ったところ、

 

弊妻氏ににらまれたので、いつも通りに

事務所に来ております(笑)

 

あっと、先日動画アップしたので、

以下から見ることができます!

 

 

ではぼっち税理士の齋藤でした~
それではまた👍

 

youtube始めました!
税理士さいとうゆきおチャンネル

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所ホームページ

 

この記事は、その時の状況、心情で書いています。
また、法令に関しては、その後改正された場合には、
異なる取り扱いになる可能性があります。

 

 




ABOUT US

創業・起業支援、税務調査に特化した新宿区の税理士です! 今までは、海外から日本へ進出する会社様の創業・起業支援を行ってきました!また、外国法人や外国法人の子会社の税務調査に対応してきた知見(国税局・特別国税調査官・通常の調査官への対応経験)を生かして税務調査対応も支援しています! ブログの運営方針は、0to1になるような情報発信をしていきます!