【コミュ障?】恥ずかしがっているのは自分だけ!周りの人は気にしてません。自分から話していこう!




独立後結構お世話になるところ!

コミュ障?どんなところが?

私はいわゆるコミュ障ということが

どういったことかわかりません。

検索してみると、他人との雑談が苦手、

苦痛といったことらしいです。

 

え?残談が苦手?じゃあ話さない仕事に

つけばいいのにと思ってしまうのですが、

それを言ってしまうと話は終わてしまいます。

 

雑談を苦手というか面倒と思う人が

多いのではないかと思います。

ただ、そう相手に取られずにやれる人は

一定数いるのは確かです。

 

興味のない話だとつまらないのは確かです。

しかし、そこから色々な気付きを得られる、

人間関係を学べる良い機会となると

私は思っています。

 

また、会話はある程度慣れな部分があり、

それまでは難しく考えすぎます。

加えて、相手にどう思われるのか

などを考えていると会話はできません。

 

恥ずかしがっているだけでは?

私が考えるコミュ障というと、

話をする人が相手に対して、

この話をすると相手にどう思われるか

わかないし、恥ずかがっているだけと

感じています。

 

人間どうしても自信のないことだと、

どもる、不安な顔になる、返しに困る

といった症状がでます。

 

これはそうなのですが、気にする必要は

あまりないかなと思います。

 

サービスメニュー

 

私は仕事柄、聞いたことがないことを

耳にすることが多いです。

この時には、正直に聞くことにしています。

 

こうした自分からの第一歩が

自分の羞恥心というか、恥ずかしさから

解放されると思います。

 

現代人はかなり自意識過剰です。

相手にどう思われるのか?

相手はどうもあなたのことを

思いません。

 

むしろ、知らなかったことを知れる

チャンスとなります。

雑談の中から知らないことを聞いてみる

そういった使い方もできるのです。

 

自分から切り込んでいこう!

何はともあれ、まずは自分から切り込む

勇気が必要だと考えています。

これはしょうがないのです。

 

相手からあなたに話しかけることは

基本的にあり得ないと思います。

そうではなく、あなたから相手に

話しかけましょう!

 

話かけられると相手もうれしいものです。

なぜかというと相手も自意識過剰だから。

ですから、自分がされてうれしいことは

相手もうれしいのです。

 

後はちょっとしたゲーム感覚だと

心理的なハードルが下がるかもしれません。

コミュ障解消ゲームをやっている

リアルゲームだと考えれば。

 

相手をもう二度と合わない人相手に

やってみるといいと思います。

例えば、友達の友達などです。

 

ぼっちはどうしたらいいんだ!

と突っ込まれそうですが、

ぼっちといえども、学校やバイト

会社などに属していると思います。

 

その中でちょっと話をすることに

チャレンジが必要です。

会議などで意見を最低1つ言うという

ミッションを自分に課せばいいと

思います。

 

多分みんなコミュ障

私が思うに、コミュ障という症状は

みんながある程度持っていると

考えています。

 

例えば、初対面の人への接し方、

今まで接したことがない人、

自分より下の世代の人、上の世代の人

一瞬、おっと!?的な感じはします。

 

何を話したらよいのかわからない

といったことが誰にでも起こるのです。

年を取るとそれでもある程度の経験で

乗り切ってしまいます。

 

さも自信があるように振舞えたり

するわけですが、それは見せかけです。

多分みんな怖いんだと思います。

 

ですが、年齢が上がるにつれ、

開き直りがあってそれで乗り切っている。

勇気というよりはしょうがないなあ

という感じで対応しているのです。

 

 


編集後記

今日は、たまった仕事を一斉に

かたずけてしまおうかと思います。

目標は午後15時です。

 

 

twitterやっていますので、
フォローをお願い致します。
(フォロー返します!)

 

税務顧問や執筆などのご依頼はこちら↓

Liens税理士事務所ホームページ

 

この記事は、その時の状況、心情で書いています。
また、法令に関しては、その後改正された場合には、
異なる取り扱いになる可能性があります。

 

サービスメニュー

 




ABOUT US

創業・起業支援、税務調査に特化した新宿区の税理士です! 今までは、海外から日本へ進出する会社様の創業・起業支援を行ってきました!また、外国法人や外国法人の子会社の税務調査に対応してきた知見(国税局・特別国税調査官・通常の調査官への対応経験)を生かして税務調査対応も支援しています! ブログの運営方針は、0to1になるような情報発信をしていきます!